バイランティの雌雄判別

 雌雄判別といっても、普通のチョコグラと違って成熟していれば見た目ですぐに判ります。メスはゼブラチョコグラというインボイスネームどおり体側にメタリックグリーンとレッドが織り成すゼブラ模様が見られます。また目は赤く、鰭にはホワイトエッジがあります。オスはメスと比較すると地味に思われがちですが、赤銅色に輝く体、辺縁を淡く輝く水色で縁取られた鰭となかなかどうして綺麗です。また下の写真には出ていませんがオスの尾鰭には白いスポットが入ります。このオスにも後にスポットがでてきました。

 ところが成熟しておらず発色してないとなると、雌雄判別はなかなか難しいです。1つ判別法を挙げるとすれば、オスには卵を咥えるための頬袋があるので若干顎のラインが丸みを帯びます。普通のチョコグラとは反対ですね。

メスオス

発情したメス

Homeにもどる