バイランティの解剖

 残念ながら2002.7.16に亡くなったバイランティのメスを解剖してみました。

 まず、外表面には小さな潰瘍が3つ見られました。死因としてはエロモナス症のうちの穴空き病と考えられました。

 鰓と腹部臓器を露出させたところです。腹腔内には出血斑がび漫性に見られ、とくに肝臓には著明でした。これはエロモナス(グラム陰性桿菌)の敗血症に続発したDICによるもの?と推測されました。鰓は比較的きれいでした。

 消化管、生殖巣を取り出したところです。肛門に繋がっている2つの黄色い卵巣は確認できました。が、小さくて成熟してるとはいえませんでした。なるほどこれではオスがアピールしても産卵には至らないのは当然といえました。ただ、生殖巣が成熟していなくとも、ゼブラ模様の発色は発現するし、クルクルダンスもするということが判りました。

 消化管の長さは普通のちょこぐらと比較するとやや長いようです。チョコグラは全長の約1/2ですが、バイランティは約2/3あります。

 次に、2002/8/8に残念ながら死んでしまったオスを解剖してみました。しばらく冷蔵庫で保存してたので、硬直してますが…。

 オスの内臓にはメスに見られた出血斑は見られませんでした。突然死んでしまったため病気の症状もはっきりせず、死因はよくわかりませんでした。可能性として高いのはエロモナスでしょう。

 内臓を取り出したところです。肛門に繋がった白い臓器、つまり精巣は確認できました。性成熟はしていたといえました。メスを誘う行動もしていたことですし。上の写真では写りが悪いため見にくいです。

 次に2003/4/14にに亡くなったバイランティのメスを解剖してみました。体長2.9cm,全長3.7cmで、また発情色も著明に見られたいた個体です。もちろんクルクルダンスもしていました。死ぬ4から5日前(産卵誘発をかけた後)から急激に腹部が膨隆してきて、死ぬ2〜3日前に4個の過熟卵の放出が見られていました。

 外見状は、著明な腹部膨隆がみられます。またすでにカビもついていましたし、死後24時間以上経過していると思われ、悪臭もありました。尾鰭がちぎれているのは死後、水槽から取り出した時に破れたものです。

 腹腔内を濾出させると、卵がはち切れんばかりにつまっていました。他の内蔵は何処に行ったのかというぐらいです。数日前より餌を食べれなくなっていたのは当然かもしれません。

 卵巣の外膜をそっと破ってみると、卵がぼろぼろと出てきました。卵の外見は、やはり乳白色ややでこぼこした球形の沈性卵でした。激しい産卵誘発をかけた後であり、予測したとうり、卵は卵巣の間質細胞より剥離していてバラバラになる状態、つまり排卵後の状態でした。卵の個数は約40個でした。体長2.9cmの若い個体でも十分卵巣は成熟できるということが判りました。

 次に2003/4/19に続けて亡くなったペアだったオスを解剖してみました。体長3.2cm、全長4.0cmでした。

 外見状は綺麗で問題なさそうに思えます。激しい産卵誘発による水当たりによる死亡も考えられます。クルクルダンスをしていましたしメスへのアピールもしてたので精巣がはっきり判るかと思ってましたが、腹腔内を調べても白い精巣はハッキリとは確認できませんでした。ペアで産卵はあったようなので、精子をみんな放出してすっからかんなのか、それともまだ性成熟できていなかったか判りません。ただ魚の場合、オスの方が性成熟するのに時間がかかることが多いらしいのでまだ成熟してなかったのかもしれません。

 また、頬袋がどうなってるかの確認と、もしかしたら卵を咥えてるかもと、口腔内を露出してみました。卵はありませんでした。そして口腔内は思っていたよりもかなり広く、つるつるして卵を傷つけないようになっていました。眼球の下1/4ぐらいから、下顎の下端まで空洞になっており、これだけ広ければ卵を結構沢山咥えても不思議ではありません。

 2004.1.20、バイのメスが死亡してしまったので解剖を行いました。

 概観です。体長は3.8cmで発情色で赤黒くなっています。尾ひれはクローキンググラミーに齧られて短くなってますが。そして著明に腹部が膨隆しています。これは約2週間前より急激に膨れはじめ、この1週間は餌も食べれないような状況でした。2週間前より発情色が著明となっていたため、産卵準備ができていたといえました。

 腹部を露出させるとみごとに卵がつまっていました。腹腔内のほとんどを占めるほどたくさんです。

 卵の数は約113個でした。前回解剖した2.9cmの固体の40個と比較してかなり多いですが体格による差だけで、腹腔内の占める割り合いは同じぐらいでしょうか。卵は卵巣の間質細胞より剥離していてバラバラになる状態、つまり排卵後の状態でした。

 せっかくこんなに卵が成熟していたのにどうして産卵しなかったのでしょうか? 第一に水質が前回とほぼいっしょなことから、水質が合わなくて産卵できなかったことが考えられました。またペアのオスがまったく発情しておらずメスから逃げ回っていたことも挙げられます。ペアが同時期にうまく発情しないと産卵放精はできないのはあたりまえです。発情のタイミングをどうやって合わすかですが…。とくに今回のペアはオスが小さめでまだ性成熟してなかったのもあるかもしれません。

 それに前回もですが卵が成熟して腹部がパンパンに膨れているにもかかわらず産卵が行われないと、もしくは過熟卵の放出が行われないと、餌がその腹部膨隆のため食べれなくなり死んでしまうことになってしまっています。これは辛い…。

 またこのメスに与えていたのはほぼ人工試料だけなのでそれでも卵巣の成熟は可能だということは言えました。

Topにもどる