ちょこぐらの生息地について

:チョコグラ  :セラタネンシス  :バイランティ  :アクロストマ

 チョコグラの仲間は東南アジアに生息し、種類によって簡単にその生息地域を分けると上図の様になります(かなりいいかげんに分けてます。実際には水系ごとに分けられます)。チョコグラはマレー半島、スマトラ島南東部、カリマンタン島(旧ボルネオ島)北部に、セラタネンシスは中央、西カリマンタンに、バイランティはカプアス川上流の湖沼帯に、アクロストマは南カリマンタンのメンタヤ川にそれぞれ生息しています(間違っていたらすいません、また、一部生息域が重なる地域もあるようです)。カリマンタン島中央には1500〜2000m級の山岳地帯が存在し、この地理的隔離が種の分化に関係していることが推測されます。これらの生息域の境界線に関しては、出射さん、Team Borneoさんが調査されているのことで、その報告が待たれるところです。

 また、チョコグラの生息している地域の気候は熱帯雨林気候(Af,Am)とよばれる一年中高温多雨な環境です。そのなかでさらに、Af:雨期乾期のない地域、Am:モンスーンの影響を受け弱い雨期乾期のある地域に分かれます。モンスーンというのは季節風のことで、12月〜3月の西向きの風の影響で雨が多くなり、6〜9月の東向きの風の影響で雨が少なくなることで、雨期乾期を形成します。また、Af,Amどちらも年平均気温は27〜28℃とほとんど年較差はありません。ただ、日較差は24〜32℃と10℃近くも差がある時があります。だからといって水温は一日にそんなに大きくは変動しません。水温の日較差は大きくてもせいぜい1〜2℃といったところでしょう。Af:乾期雨期のない地域、たとえばシンガポールでもチョコグラは生息しており、現地で年中繁殖しているなら、乾期雨期による変動や光周期(日照時間差)は繁殖にあまり関係ないのかもしれません。しかし現地の水温の日較差を能動的に水槽内で再現しようとするのはなかなか難しいことだと思われます。冬場にチョコグラの繁殖が多く報告されるのは、水槽のある部屋の室温が人間の活動する昼間は高く、夜は低くなるため水温に日較差が生じ、これが繁殖を促している可能性があります。また、冬場の水換えはどうしても多少水温変動をおこしてしまうのでそれも関係するかもしれません。また、ちょこぐらは緩い流水域に住むため水温は30℃以上となることはまずないと思われ、そういう理由で水槽水温が30℃を超える日本の夏場では繁殖報告がほとんど無いのは当然かもしれません。「かもしれません」が多くなってしまいましたが、推測だけでありそのようにしか書けないのです。

 最後に、カリマンタン島はほとんどの地域がモンスーンの影響をうけるので、12月〜3月の雨期の間は採集が困難であり、バイランティやアクロストマなどの貴重種を手に入れやすいのは、乾期の6〜9月であるといえます。逆にビルマはカリマンタンと雨期乾期が逆転するのでオケラータスは12月〜3月に手に入れやすいです。その点、雨期乾期のない地域にも住むチョコグラは年中輸入がみこめるともいえますね。

 なお、生息地域について明らかな間違いがあったため2001/1/7訂正しています。間違いの御指摘あればよろしくお願いします。

Homeにもどる