体色の組織学的考察

 ちょこぐらの鱗を顕微鏡で観察してみると、その茶色は放射状の色素細胞からなることがわかる。茶色の濃い薄いは色素細胞の色の濃さというよりはその細胞の単位面積あたりの数によって決定されている。x40倍に拡大した色の濃い鱗と薄い鱗を見比べると良くわかる。

x40倍

 さらにx100に拡大して観察してみると、その茶色の色素細胞の放射状の色素腕の長さに違いが見られた。このことから、色素細胞がその色素腕を伸び縮みさせることで、単位面積あたりの茶色の濃さを変化させることが推測される。これがチョコグラが瞬時にその体色を変化させることができる秘密であると思われる。またその体色変化は、地肌からではなく鱗の色調変化によるものともいえるだろう。チョコグラが体調を悪くするとその色が薄くなってくるのは、色素細胞が弱ってその色素腕を伸ばすことができなくなるからではないだろうか。

x100倍

 チョコグラを含めていわゆるアナバンテッドと呼ばれる仲間は、ほとんどが体色を瞬時に変化させることができるといえます。この機序としてもこのような色素細胞が関与していると思われます。全く種は違いますがタコやカメレオンなどではこれと似たような形の赤、緑、青の色素細胞層が3層になっており、ほとんどの色に変身できることが解明されています。タコでは赤、緑、青の細胞層の下には反射層があり金属色さえも再現できるそうです。

Homeにもどる