ちょこぐらの体色について

 ちょこぐらは体調によって体色が変化するだけでなく、その時の気分?で体色を瞬時に変化させることもできます。また、その生息範囲の広さから、体色の地域格差もあります。これらを少し紹介したいと思います。

警戒色

 水槽を叩いたり、水換えした直後などにみられます。まるで枯れ葉のような色になり、擬態しているといえます。

睡眠時

 寝ている時の体色です。警戒色と似ています。

若魚

成魚オス

色彩変異(生息地域格差?)

 単なる見た目だけで分類しています。学術的な根拠は全くありません。どこで採集されたか判れば、面白いと思うのですが…。

成魚オスyellow color type

成魚メスyellow color type

若魚メス? red color type

若魚オス? red color type

成魚メスblue color type

幼魚green color type

幼魚斑

 幼魚には尾鰭の付け根に黒い幼魚斑が見られるものが多い。個体差がかなりあり、全く無い個体もいれば、かなり大きくなっても残っている個体もある。この斑は、他の種類の魚類にも比較的よく見られるもので、弱点である目がどちらにあるか外敵から判らなくするために付いていると言われている。

幼魚

Homeにもどる