稚魚の成長過程

 稚魚の成長過程を示しました。。Malaysian Freshwater Fisheries Reserch Center(FFRC)のチョコグラ養殖レポートでは、孵化後2か月で2.6cmの長さおよび約2.5gの重量に到達し、長さが3.0-3.5cmになる3か月で出荷することができる、孵化から出荷まで平均50%最大74%が生き残る、と報告されている。それと比較するとかなり成長が遅いのは、育成技術がいまいちなのが原因です(爆)。なので吐き出し後日数と体長との関係は参考にならないかもしれません。稚魚の成長には、餌の量だけでなく、水槽の広さや、飼育密度、水質なども深く関与しているのは間違い無いようです。ただ、生存率は育成に気をつければほぼ100%にできそうな感じです。口腔内保育中に弱い固体は淘汰されてしまっているのも理由と思われます。


吐き出し後1日目。吐き出し時は全長4-5mm。この時は無理矢理稚魚を吐かせたので、まだブライン幼生を食べようとしなかった。もう1-2日たってから吐き出されるのかもしれない。ただ卵黄嚢はほとんど吸収されていた。体に較べて非常に眼球の大きさが大きく、体色はゴキブリ1令幼虫にそっくりである。


吐き出し後5日目。この頃にはブライン幼生を食べるようになっているが、泳ぎ回らないし、目の前で動いている物にしか反応しない。よって水深を浅くして、大量にブラインを与える必要がある。体色においては、頭は金色に光っており、尾の付け根の幼魚斑ができてくる。


吐き出し後10日目。体長5-6mm,全長7-8mm。少し遊泳力がついて餌を追い掛けるようになる。


吐き出し後15日目。体長は7-8mm、全長は9-10mmほど。この頃には活発に泳ぎ回りながらもりもり餌を食べる。腹部がブライン色に膨れているのがわかりますね。頭の金色が無くなり、胸鰭が伸びて、体高が高くなってくる。尾鰭もラウンドからトライアングルになってくる。チョコグラらしくなってきましたね。


吐き出し後28日目。体長は9-10mm、全長は11-12mmほど。このあたりから急に成長速度が遅くなる気がします。飼育環境のせい?体の中心にあった黒い斑が消えてくる。


吐き出し後46日目。体長は10-12mm、全長は13-15mmほど。茶色の色素が全身に拡がってきて、ほとんど親とかわらない姿になる。

Homeにもどる