卵はどちらが咥えるのか?

注意!!

 最後まで読まないとオスメスの判別等、理解不能です。前半の記述は間違っていますがあえてそのままにしてあります。チョコグラのオスメス判別がつい最近まではっきりせず、長いこと議論されていたという経過を残したかったためです。

 2003年4月まで、私はそれまでに一般的に言われていたとおり、派手目の個体がオス、地味目の個体がメスと思っていましたが、どうやら、まったく逆だったのです。

 一般的にはチョコグラはメスがマウスブリードすると言われていますが、最近になり、オスがマウスブリードしたという報告が少なくありません。では、どちらが正しいのかということですが、はっきりいって判りません。証明するには、実際の産卵現場を動画で記録するしかないですね。せめて、外観からオスメス判別が簡単にできたらいいのですが…。

 まず我が家でマウスブリードした2匹の外観ですが、鰭の特徴からはどちらもメスと思われました。ただ、外観上の判断なので絶対メスとはいえません。

 次に挙げられるのはぼーそーさんのところの繁殖情報です。チョコグラが卵を咥える瞬間の写真が載っています。これも外観上メスと思われる個体が咥えたそうです。興味深いのは産卵した個体が自ら咥え、もう一匹はそばにいるだけでまったく咥えなかったことです。口移しで卵を渡したりする行動はなかったことになります。もしメスが咥えたなら、アナバンテッドでは唯一の種といえるかもしれません(ほんとかどうかちょっと自信ないです)。ただ他のマウスブリードするアナバンテッドは、オスが最初から咥えるか、メスが一旦咥えた後にオスに渡すもののどちらかでしょう。嘘だったらごめんなさい。

 次に挙げられるのはウロボンさんのところの繁殖情報です。ウロボンさんは産卵の瞬間も見ておられます。約1秒ですべての卵を放出し、その後メスが自ら卵を咥えたそうです。オスはそばにいるだけであり、このこともぼーそーさんところの情報と一致します。産卵の瞬間を見ているため、オスメスの判別も信憑性が高いと思われます。

 その他、チョコグラがマウスブリードしている写真を私は何枚か見ていますが、どれも外観上はメスだと思いました。以上より、私はメスが咥えるものと思っています。少なくともマウスブリードしている個体がライアーテールだったり、鰭に赤が強く発色しているからオスだとはいえません。メスにもこの特徴は認められます。解剖して確認したので間違いありません。

 ただ、同じSphaerichthysであるバイランティでは外観からはチョコグラよりはオスメス判別しやすいと思われるのに、オスが咥えるという報告がほとんどです。近縁の種と思われるにもかかわらず、繁殖形態が違うというのはおかしい気もします。またチョコグラはメスが咥えるということなら、アナバンテッドの中では唯一の繁殖形態を持つ種になってしまうこともあり、ほんとかなという気持ちも少しあります。自分の目で確かめる、これにつきるのではないでしょうか。

追記
下記は主にTeam BorneoのHIROさんからの情報です。ありがとうございました。

 バイランティ、アクロストマではオスが咥えます。解剖によりバイランティはオスメス確認もされていますので間違いはありません。セラタネンシスについては普通のチョコグラと同様オスメスが外観上からの判別が困難であり、どちらが咥えるかは不明です。また、ビルマチョコグラではマウスブルーダーでなくバブルネストブルーダーのようです。

再追記(2001/1/11)
 長谷川さんのところの繁殖情報です。産卵から卵を咥え終わるまで約5秒ほどしかかからず、やはりメスが咥えたそうです。オスはそばにいるだけであり、この繁殖様態は、ぼーそーさん、ウロボンさんところと一致します。3症例が一致したことから、まず間違い無いと言えるでしょう。

再々追記(2002/6/24)
 長谷川さんからの繁殖情報です。どうやらセラタネンシスも普通のチョコグラ(オスフロメノイデス)と同様の繁殖形態をとるようです。

特報 !!! (2003/12)
 2002年末に、MiNiMa No.3 ピーシーズから出ている雑誌で出射さんの興味深いレポートが報告されました。セラタネンシスの多数の解剖所見として、「外見的に十分に性成熟した個体、たとえばライアーテールで鰭が濃い発色で不透明になっている派手目の個体を解剖した時、卵巣が確認された。また、鰭が透明で短い地味な個体を解剖したとき精巣が確認された。」とのことです。つまり今まで考えられてきたオスメスは逆だったということになります。
 卵を咥える個体が、鰭が透明で小さく地味な方。ということは間違いないですが、これがメスではなくオスであるということになります。
 鰭が小さく透明な個体がオスと考えると、スファ属はみんなメスが派手でオスが地味であり、卵はオスが咥えると言えそうです。また、チョコグラもセラタもオスメスが逆ということになります。卵をメスが咥える種類がアナバンテッドではチョコグラ以外では見られないのはおかしいとは思っていたので、このように考えるとつじつまが合うのです。
  私のサイトの「ちょこぐら解剖学」に載せている成熟した卵巣を持っていたメスと確認された個体の外観上も、ライアーテールで鰭が濃い発色で不透明になっている派手目の個体でした。私はメスも派手目になるのかと納得していたのですが…。
 まあ、性転換する魚(精巣と卵巣のどちらも持つ可能性がある)や、弱いオスがメスの振りをする(外見上まったくメスに見える)魚、なども少なくはないようですから、最終的には産卵した個体が咥えるのか、放精した個体が咥えるのか、産卵行動を確認することが必要だと思います。またできれば、成熟個体の解剖を追加でしてみたいとも考えています。
 なのでこのサイトのチョコグラのオスメスの認識が定かでは無いということを分っていてください。

再々々追記(2003/3)
 チョコグラを4代まで継代されている生態愛好者さんからの情報です。「メスらしき個体(後に解剖後メスと判明)が産卵するとそのまま自らが卵を口にくわえ水草の茂みに入っていきました。その間オスはメスの周りをゆっくりと泳ぐだけでした。」とのことです。また外見からのオスメス判別は完全に成熟していないと判別不可だが、あえて言うとどちらかといえば地味めな個体で顎のラインと背鰭尻鰭が丸い方がメスと認識されているそうです。

 産卵放精後、オスはメスの周りをゆっくりと泳ぐだけという行動はこれで4症例一致しました。ますますわからなくなってきました。何時になったら決着がつくんでしょう?

再々々々追記(2003/4)
 2003年3〜4月にかけてチョコグラの産卵時写真情報が、メダカさんと、チョコグラをF2まで継代されている長谷川さんから発信されました。どちらの報告も、今までオスと考えられていた鰭が濃い発色で不透明になっている派手目の個体が産卵し(つまりメスだった)、今までメスと考えられていた鰭が透明で短い地味な個体(オス)が卵を咥えたとのことです。
 産卵形態としては、やはり卵の口移し行動は無く、オスのみが卵を咥えるとのことです。
 どうやら、このへんでチョコグラの産卵形態が明らかにされたと言ってよいのではないでしょうか? これでスファ属はみんなメスが派手でオスが地味であり、卵はオスが咥えると言えることになりました。最初から変わらなかった事実は、卵を咥えるのは鰭が透明で短い地味な方ということですか。
 オスが派手でメスが地味という先入観に囚われ、この事実が解明されるまでどれだけの時間を費やしたことなんでしょう!

 あとはこの事実を自分の目で確かめるだけです!

咥卵中のオス

Top pageにもどる