繁殖環境、特に水質について

 ちょこぐらを繁殖までもっていくにはできた水が必要です。弱酸性軟水(PH4.5〜5.0程度、低硬度、低電気伝導率)で濾過がきいている(アンモニア、亜硝酸はほぼゼロ)が最低条件です。

 まず弱酸性軟水ですが、水を酸性化させる物質としては、有機酸などそれ自身が完全にイオン化していない(弱イオン化)のにもかかわらず水を酸性化するものを用います。つまりピートや流木が良いです。硝酸やリン酸ではイオン化しているため電気伝導率を上げるのでよくありません。硬度に関してもピートを用いるとカルシウム、マグネシウムはピートでイオン交換または吸着され軟水となります。源水の硬度が高いとなかなかピートだけでは軟水にならないので、その場合はRO水を混ぜたり、イオン交換樹脂で処理後の水を使う必要があります。もちろんカルシウム、マグネシウムを含む物は水槽に入れてはいけません。

 次に必要なのは濾過がきいており老廃物がたまっていない状態です。繁殖のために餌をふんだんに与えるため、ちょこぐらの糞、残餌、枯れた水草、濾過細菌やプランクトンの死骸などの有機物が多く出ます。このうち一部の易分解性有機物(溶存態有機物)は濾過細菌が充分に繁殖していれば窒素分としてはアンモニア→亜硝酸塩→硝酸塩となり換水により容易に除去できます。水溶性リンも換水により容易に除去できます。しかし、難分解性の高分子有機物(有機懸濁態窒素など)は粒子化しどんどん底床や濾材に沈澱付着していきます。これらもやがては分解され溶存態有機物となるのであるがこの分解はゆっくりであるため、水槽内に窒素、リン化合物が固体の汚泥としてどんどん溜まっていくこととなります。溜まった汚泥は病原菌の温床になり、また、持続的にアンモニアをつくりだすことになるため、換水後の水質悪化がはやく進んでしまうこととなるのです。これを防ぐには、汚泥を水槽外に出すしかないのであるが、私は、外部式フィルター内にリング型濾材のみ使用しフィルター内に汚泥が溜まらない様にし、ベアタンクの底に溜まった汚泥を換水の度に吸い出すことで対処しています。プレフィルターをつけてこれをこまめに掃除するのもいいでしょう。ディスカス飼育などでは当たり前におこなわれていることと思います。

 結論、ちょこぐら繁殖水槽では水質を良好に保つためにこまめな換水はかかせないということです。また、換水する水としてある程度弱酸性軟水を準備しておく必要があるといえるでしょう。頑張って換水しましょう。

追記

 繁殖時の水槽においてフィルターがよく利いている状態が一番良いわけではないようです。つまりフィルターがよく利いているというのは、有機物の分解が速い、つまり有機物を分解する細菌や真菌類が非常にたくさん涌いている状態ともいえます。この状態では卵も黴びやすくなると言え、そうなると食卵の可能性が高くなってしまうのです。食卵を防ぐためには産卵から孵化までのマウスブリードしている間は、真菌類の少ない清浄な水を用意したほうがよいと思われます。つまり産卵させるなら比較的水槽を起ててから時間の経っていない水槽に移してからがよいともいえるのではないでしょうか。あるいは殺菌灯を用いるという手もあります。

再追記

 我が家で小ちょこが繁殖できたのはRO浄水器を導入してすぐ後でした。それまでがんばっても咥卵まではいっても小ちょこを見るには至りませんでした。これは弱酸性軟水だけではなく、不純物の少ないきれいな水がなければ繁殖が難しいということを示すものと思われます。マレーシアであちこちの水質を測りましたが、ベタインベリスの生息地でさえTDS20μSという綺麗さであり、大阪の水道水のTDS160μSなんかはかなりすでによごれていることになります。それに親のチョコグラの飼育もROを導入してはじめて1年を越えました。これは私のチョコグラ飼育暦で間違い無い事実です。水にこだわる、これに尽きるのではないでしょうか。

Top pageにもどる