ピート水の作り方

ピートとは何か?

 ピート(peat)は直訳すると泥炭である。ピートモス(peat moss)はmossつまり苔が泥炭化したもののことである。泥炭とは、水で飽和されている環境で酸素のない状態で、植物が有機物分解が制限されて堆積することにより形成される。よってピートが形成される環境は限られた地域のみとなる。実際、地球上におけるピート地帯の90%以上は寒帯、亜寒帯に形成されている。その理由は、過湿・低温の条件の下、有機物は分解されにくいからである。泥炭の形成速度は、有機物の堆積速度と分解速度の差であるから、分解速度が上回る場所にはピート地帯は形成されない。また泥炭が水で飽和されている場合には酸素不足となりやすいことと、ピートに含まれるフミン酸、フルボ酸など分子内に多価のカルボキシル基やフェノール性水酸基をもつ種々の高分子弱酸を含んだ不均一な混合物がかなり強い酸性(pH4〜5)であることも、微生物の活性を低下させ有機物の分解を遅くする条件である。
 ピート地帯の残りの数%がやや高地の熱帯森林の下という限られた地域のみに形成されるのであるが、その理由としては、十分な太陽エネルギーが有機物の堆積速度を分解速度より上回らせることと、高地のため周辺から水が流入しない地域では無機塩基類(Ca,Mgなど)が供給されずpHが上昇しにくいことが挙げられる。また多量の雨が栄養塩類を流しだしてしまうことや、粘土あるいは腐食土が塩基類(カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなど)を吸着するためにpHが下がることもこれを助長する。そうして永い年月をかけて堆積したピートはカリマンタンでは深さ16mに達するという。これらの理由からピート地帯は、貧栄養でpHの低い土地となっている。この土地を流れる水により貧栄養つまり清浄で、pHの低い水域が創り出され、この低pHと低酸素に適応できたラビリンスフィッシュが、この限られた水域で生存競争に勝ち繁栄することとなったのだ。
 このように、特殊な水質に適応してしまったチョコグラだからこそ、水作りが必要なのである。窒素化合物は含まれず、KH,GHはゼロの水を。この水質では一般の水草は低栄養すぎて育つことができないほどである。実際、チョコグラの生息地には水草は生えず、苔類しか生えていない水域が見られるという。チョコグラ飼うなら水にはこだわってください。この水を造るにはやはりピートしかありません。

ピート水の作り方(2005年9月より)(新版)繁殖成功しました。

 造り方はRO水9割と熱帯魚用浄水器(フィルターと活性炭)を通した水1割を混合したものにピートを入れてエアレーションしながらしばらく置いておき、薄く水が色づき、PHが5〜6程度、GH0〜1未満になればできあがりである。

 種となるピートですが、私は北海道産長繊維ピートを使っています。安くて使いやすいので。ピートの粉が出るので、メッシュ素材のものに詰めて使います。

ピート水の作り方(旧版)これでは繁殖まで至りませんでした。

 造り方は簡単です。軟水にピートを入れてしばらく置いておき、薄く水が色づき、PHが4から5程度、GH1未満になればできあがりである。できれば種水の源水にはRO浄水器を用いた水やイオン交換水または蒸留水を用いたいが、硬度があまり高く無ければ水道水でも可能である。

 種となるピートですが、熱帯魚用の粒状、線維状のものと、園芸用の粉末状のものなどいろいろあります。ピートの粉が出るので、ストッキング素材のものに詰めて使います。詰めてもどうしても粉はでますが、がまんです。熱帯魚用は使いやすいがちょっと値段が高いです。園芸用でも十分、PHが4から5程度、GH1未満の水は造れます。園芸用はまず熱湯で灰汁抜きしてから使わなければならないという文献が多いですが、そのまま用いても問題はないようです。(保証はしかねます。根拠もありません。)自然下のピートは熱湯灰汁抜きされてるはずないですけど。

 こうしてできあがったピート水は、いわゆる「こなれた弱酸性水」となっているといえます。RO浄水器とPH降下剤で作った「弱酸性軟水」とはすこし意味が違います。「こなれた水」とは刺激の少ない真新しくはない水、やや古くなっているが汚れていない水、とでも言えばよいでしょうか。水の中に含まれていた蛋白質と反応(蛋白質を分解したり、蛋白質と結合して変性させる)する物質(遊離塩素、金属イオンのたぐい)がピートの植物蛋白と反応して消費されてほとんどなくなっているので、蛋白でできている魚の鰓や体表を痛めにくいといえます。そして「弱酸性」は、エロモナス等の細菌が繁殖しがたい状態をつくっていますが、その酸性化させている物質、有機酸は繁殖をうながす効果があると言われてます。

 注意することは、ピート水のPHが低すぎるからといって、カルキ抜いただけの水道水で薄める時です。地域によりその強さには差がありますが水道水にはPH緩衝能力があり、混ぜてPH5.5に調節したのに一晩すぎたらPH7になってたなんてこともあります。この現象の化学的根拠については詳しく知りたい方は他のホ−ムペ−ジ等を参照してください。これだけのPH変動が水槽内でおこると、完全にPHショックをおこしてしまいます。PH調節後は、一晩おいてからPHを再確認して使いましょう。とはいえこれでは手間がかかりすぎるので、水槽のPHを4〜5で維持して、PH調節が必要ないようにしておいたほうがまだ楽ですし、チョコグラの生息環境にも近いと思われます。

私のピート水の作りかたの実際(旧版) (2002/10頃から始めました。)
(あくまでも我流でこれがよいというわけではありません。これでは繁殖まで至りませんでした。

まず水道水のdataです。私が住んでいる大阪市の水の場合、淀川由来で高度浄水処理されているそうです。大阪市水道局のホームページで確認すると、次のようなdata(一部抜粋)となっています。

硝酸性窒素または亜硝酸性窒素  1.2mg/l
PH               7.5
COD              1.2mg/l
Na+              18.5mg/l
Cl-              14.8mg/l
Ca+Mg+(硬度)        44mg/l (約4.4dH、実際にはdHだともう少し高い値)

これ以外に農薬、除草剤、塗料、工場排水、添加塩素による反応物などからなる様々な化学物質が含まれていて、やはりROや吸着濾過などが必要な気にさせられます。
実際に家にあるメーター、試薬で水道水を測ってみると

硝酸性窒素           0〜1mg/l
PH               7.6
Ca+Mg+(硬度)        4〜5 dH
HCO 3-(アルカリ度)    3〜4 dH

とほぼ同じ値でした。PHについては弱アルカリ性になっているのは水道局いわく、水道管の錆がとけて赤水とならないように、鉛製水道管の鉛が溶け出さないように、弱アルカリ性に調節しているとのこと。この調節はNa+が高めなことから重曹(NaHCO 3 ,sodium bicarbonate ,炭酸水素ナトリウム)を使ってるのでしょう。PH上がるしHCO 3-も上がるしNa+も上がるし、低伝導率の弱酸性軟水を作るためには控えてほしいところです。

水道水はまず、家庭用浄水器を通します。これは中空糸フィルターで比較的大きなもの(錆の粒、細菌など)をとりのぞき、活性炭で塩素、その他を吸着してくれます。家のばあいはトレ◯ーノです。ただ、活性炭の量が少ないので吸着能はあまり期待できません。遊離塩素は80%以上吸着するそうですが…。家庭用浄水器を通したあとの水を測ってみると

硝酸性窒素           0〜1mg/l
PH               7.6
Ca+Mg+(硬度)        3〜4 dH

やっぱりあまり変わりませんね。次に家ではイオン交換、吸着能のあるゼオライト2Lが入ったペットボトルフィルターに水を通します。その水を測ってみると

硝酸性窒素           0〜1mg/l
PH               7.6
Ca+Mg+(硬度)        1〜2 dH

これで少し硬度が下がりました。実際には水タンクの注入口にゼオライトフィルターを載せた状態で浄水器から水を注いでいます。次にこのタンクの中に適量のピート(園芸用長繊維北海道産)を掘り込みます。20Lに対しひと掴みです。かなり適当です。これで一晩おいた水を測ってみると

硝酸性窒素           0〜1mg/l
PH               7.1
Ca+Mg+(硬度)        0〜1dH

でした。なかなかPH下がりませんね。これはHCO3-の酸緩衝能(アルカリ度。KHの意味とはちょっと違います)によります。酸が加えられてもHCO3-がOH-とCO2になることで酸を中和してしまうのです。CO2は大気に逃げて行きますが、ゆっくり逃げていくので、これがいったんPH降下剤などでPH下げたとしても一晩でPHがもとにもどってしまう現象の理由です。PH4まで下げてしまえば、ほぼHCO3-は0に近付くのでこの現象はおきにくいです。PH調節に時間がかかるのはしかたないとあきらめましょう。エアレーションをすることで多少反応を速めることができます。ここでピート入れたままもう1週間ほど待ちます。

硝酸性窒素           0〜1mg/l
PH               4.6
Ca+Mg+(硬度)        0〜1dH

となりました。これでやっと種水の完成です。残留していた遊離塩素はこの頃には抜けているでしょう。なおピート水は有機物を含んでおり、つまり腐るのであまり大量に作り置きしないようにしましょう。一度ピート水を多量に作り置きしていて、ピートの沈澱に嫌気性菌が繁殖し硫化水素(いわゆるドブの臭いの基)が発生して大変臭い思いをしたことがあります。エアレーションすれば防げますが、ブクブクうるさいのが嫌いでして…。

homeにもどる