オスメスの見分け方

鰭について

 成熟したメスはオスと比較すると分かるが、背鰭、尾鰭、尻鰭の辺縁が伸長してライアーテールになってくる。またそのライアーテールの先端が赤く発色してくる。オスは鰭の辺縁は丸いままであり(若干ライアーテールになる個体もいる)、先端の赤の発色もほとんどない(少し発色する個体もいる)。ライアーテールがかなり伸びるものからほとんど伸びないものまでいるため、これだけでは判断できない。ライアーテイルは、生息地域それぞれの体色変異差と多少関係があるようです。それぞれ赤系、青系、黄系が強い体色を持つチョコグラがいますが、ライアーテイルが伸びやすいのは青系のメスです。赤系、黄系はあまり伸びないようです。どちらかというと鰭全体が大きくなり色が濃くなるだけでライアーテイルとまで言えないかもしれません。つまり青系だと比較的鰭による性差があるが、それ以外ではあまり差が出ないといえます。特に赤系は難しい気がします。また、状態が良い時にはメスの尾鰭全体がその発色のため不透明となり、厚みがかなりある印象をうける。また、成熟するとメスの尾鰭、尻鰭の下縁には黄色いラインが入る固体が多い。オスにもラインが入るものもいる。体格が小さいうちはオスメスの判別は簡単でない、というよりは非常に困難である。性特徴がはっきりしないからである。体長4cmつまり全長だと5cmを超えるようになると鰭の性特徴が出てくる頃といえます。 

体形について

 成熟してくるとオスは顎のラインが膨らみを帯びて丸い顔つきになってくる。これは口内保育するための変化と思われる。それに反してオスの顎のラインは直線状のままである。なお口内保育するのはオスだけである。また、成熟すればメスの方が若干体格が大きくなるようである。

注意点

 体色、体型の地域格差が大きいため、その産地別に総合的に判断しなければならない。ただ、チョコグラは産地付きで販売されることはほとんどないため、同時に購入した複数匹が同じ産地だという仮定において、その特徴を比較しての判別となる。死んだチョコグラを解剖して確認をとり、この判別方法が有効であるとは思っていますが、絶対では無いことを解っていてください。

判別例

メス

オス

 上の2匹は同時に導入した2個体であり、同じ産地の可能性が高い。2匹に共通する特徴としては赤の発色が少ないことがあげられる。yellow color typeである。どちらも十分に成熟しているため判別は簡単である。メスはライアーテールとなり、尾鰭尻鰭の下縁には黄色いラインが入り、また尾鰭中央は黒く発色し透明感がない。オスにはこれらの所見はまったく見られない。またオスは顎のラインが膨らみを帯びて丸い顔つきになっており、腹部尾側に発情色が出ている。

メス

オス

 上の2匹は同時に導入した2個体である。2匹に共通する特徴としては尾鰭の先端の赤の発色がはっきりしていることがあげられる。青の発色が見られないが体型的にはblue color typeか? メスはまだ成熟しきっていないが、そのライアーテールはすでに非常に伸びている。オスはその体格はかなり大きくなっているにもかかわらず、ほとんど鰭は伸長していない。顎のラインは丸くなってきている。

Top pageにもどる