パラスファエリクティス・オケラートゥスの解剖

 残念ながら2003/3/19に死亡してしまったオケラートゥスの解剖を行いました。

 まず、概観上は著明に腹部が膨れあがっていました。体表面は比較的綺麗で明らかな異常は認めませんでした。

 腹腔内と鰓を露出したところです。鰓は比較的綺麗でした。腹腔内は浮腫状に膨れていました。肝臓には明らかな異常は認めませんでした。

 消化管を引き出したところです。腹部膨満は、ガスの貯留や腫瘍のような塊が原因ではなく、消化管全体が浮腫状になっているためにおこっていました。消化管のところどころが真っ赤になっており、そこを摂子で摘むとなんとすこし移動しました。赤い物は消化管内部にあるようでした。そこで消化管を切り開いて、それを確認すると、なんとそれは冷凍アカムシの外殻でした。胃はからっぽであったが、腸管には3ケ所も消化不良の冷凍アカムシの外殻が詰まっており、このために閉塞性イレウスをおこしたことが死因となった可能性が高いと思われました。たしかに、導入期のあまり調子がよくない時に、消化管と同じぐらいの太さの大きな冷凍アカムシを何匹も丸飲みしたら消化不良を起こしても不思議ではありません。

 全長3.1cm、体長2.4cm、消化管長1.7cm、でした。生殖巣は浮腫が強く断定はできませんが、精巣だと思われオスとしました。外見からの性差がはっきりしないので、外見からのオスメス判別には参考にできないです。それにしても、このぐらい小さい魚になると、肉眼視だけで解剖するのは苦痛になってきますね。実体顕微鏡がほしいところです。

 次に残念ながら2003/5/1に死亡してしまったオケラートゥスの解剖を行いました。

 まず、概観上は胸鰭と肛門部に出血斑を認めました。また、やや腹部膨隆がありました。その他の体表面は比較的綺麗で明らかな異常は認めませんでした。

 腹腔内と鰓を露出したところです。腹腔内には肝臓の尾側に出血斑を伴った不均一な塊を認めました。

 内蔵を取り出したところです。腹部膨満の原因となっていた出血斑を伴った不均一な塊は、卵巣でした。腹腔内の50%以上を占めるほどの大きさで、三角形に近い形で1対ありました。一部卵巣の外膜を破ってみましたが成熟した卵はありませんでした。

 また、消化管のところどころが真っ赤になっており、そこを確認すると冷凍アカムシの外殻でした…。失敗しました…。小さいのなら大丈夫だろうと冷凍アカムシを与えた後でした。オケラータは冷凍アカムシの消化不良を起こしやすいようです。

 ただ、死因としては出血斑があったため、最後はエロモナスによるものと思われました。

 また、全長2.9cm、体長2.3cmでした。卵巣があったためメスですが、外見からの性差はよくわかりませんでした。

Top pageにもどる