お薦めする水草

 チョコグラ飼育にお薦めの水草を挙げてみました。チョコグラ中心の水槽なので、PH4.0で15Wほどの光量でも育つのが条件です。水草は窒素分を吸収することで水質の悪化を遅らせることができるだけでなく、チョコグラの姿が見えなくなる程入れることによりチョコグラを落ち着かせることや喧嘩を減らすことができます。ベアタンク飼育を基本としているため、浮き草と活着できる水草ばかりになってます。育成したことのない水草はコメントしてません。

ウォータースプライト

 一番のお薦めです。浮き草として使え、弱光にも適応し、お値段もお手ごろで、その凄まじいまでの成長速度はかなりの窒素吸収能力を持っていると思われます。難点を挙げれば、巨大化しすぎる、トリミングが大変、勝手にどんどん子株を作って増え過ぎる、寿命で枯れてくる葉がある、導入からPH4.0に馴染むまで時間がかかる(導入時一旦ほとんどが急激に枯れ、一時的に水質を悪化させる。水質、環境の変化には弱い一面がある。)などがあるが、その難点を打ち消すだけのすばらしい能力があると思います。PH4.0に馴染んだ株は、手放せません。ちなみに水陸両用で、底砂に植えても水上草としても使えます。生育条件によりかなりその葉姿が変化します。

浮葉

水上葉

アメリカンスプライト

 ウォータースプライトとほぼ性質は同じです。比較するとやや成長が遅い気がします。水中葉の形は全く違いますが、水上草になるとかなり似てます。利点は、ウォータースプライトのように急激に枯れたりしにくいので、こちらのほうが育成が簡単と感じるかもしれません。

浮葉

ミクロソリウム

 流木に活着させて用います。たとえ水面が浮き草で被われ光がほとんどなくても、丈夫なので黒斑病にならないかぎり枯れません。水底部で水草繁茂させるにはこれしかありません。なにせベアタンクですので…。掃除するときは簡単に移動できるので便利です。ただ残念ながらPH4.0で硬度GHほぼ0の濃いピート水ではなかなか成長してくれません。よって窒素吸収能はあまり望めません。GHを少し要求するらしいです。

ボタンウキクサ(ウォーターレタス)

 増殖早い、窒素吸収多い、お値段安いと、三拍子そろった浮き草です。日本にも一部帰化しており、その強い繁殖能力から問題となっているほどです。しかし弱点があり、水槽化(矮小化)するまでが大変です。夏場に屋外で育てると直径20cmほどに育つが、水槽化したものはせいぜい3〜5cmぐらいになる。つまり一旦枯れて小さい株ができてくるわけだが、このとき綿埃みたいに葉が溶けて水質悪化させるうえに水槽が汚くなる。また、けっこう矮小化するまでに時間がかかる。この時期を耐えれば、けっこうつかえる浮き草になってくれます。矮小化前と後ではかなりその草姿は違います。

矮小化後

アマゾンフロッグピット

 大きさも手ごろで、増えたら増えた分捨てれるので、トリミングの苦痛がない。ただ、スプライトやボタンウキクサとくらべると水槽内での成長が遅い(成長は速い方なのですが)、根が伸び過ぎてとぐろを巻く(換水時にこの根を吸い込んでしまうのがイラつく。)、急な水質変化で根が溶ける等の弱点があります。また、かなりの光量と肥料分を要求するほうなので、条件が悪いと消えてしまうこともあります。15Wではかなり厳しいかも。条件がいいと、凄まじく増えますが…。やや小型で斑点の入る類似種があり、そちらのほうだともうすこし育てやすいです。

アヌビアス(ナナなど)

 はっきりいって飾りです。どんな条件でも枯れずにいてくれます。水面が浮き草で被われ光がほとんどない状態ではほとんど成長してくれません。そのかわり、苔に被われてしまうこともないです。その葉姿が結構好きなので入れてしまいます。

ウィ−ローモス(ミズキャラハゴケ)

 流木に活着してしまえば、なかなか良いです。活着前は換水時に吸い出してしまいがちです…。ただ、浮き草びっしりの暗い環境では、徐々に枯れてきますので、ある程度光を与えましょう。これだけをたんまり入れた水槽もよいでしょう。けっこう窒素吸収能があります。水質変化、塩分、薬にはかなり強く、トリートメントタンクには最適かも。

オオサンショウモ(サルビニア)

 増殖早い、窒素吸収多い、お値段安いと、三拍子そろった浮き草です。特に弱光に適応できるところがいいです。葉も溶けにくいです。条件がいいと、波打って立ち上がった葉を展開するが、水槽内の悪環境では、薄っぺらい楕円の葉になります。増え過ぎても、小さいので捨てるのが楽です。増え過ぎることを除けば、扱いやすさはピカイチです。おすすめです。

矮小化途中

ネグロウォーターファン

 弱光でも濃いピート水でも大丈夫です。かなり大きくなるが成長はあまり早い方でないので扱いやすいです。枯れかけた葉から子株が生えてくるので切って捨ててしまわないようにしましょう。やや手に入れ難いかもしれませんが、なかなかよいです。

お薦めしない水草

ホテイアオイ

 葉も根も外観はけっこう気に入っていたのだが、いかんせんちょこぐら水槽ではなかなか育たない。ひょろひょろになった後に枯れてしまいました。光量80〜100Wは最低必要でしょう。メタハラならこれを育てることができるかも。矮小化できないのかなあ。

マツモ

 普通の水質なら弱光でもがんがん増えて困るぐらいですが、濃いピート水では、あっという間に溶けて消えてしまいます。ある程度の窒素分と硬度がないと溶けてしまうようです。使えません。

ウキクサ

 水草を買った時に知らぬまにくっついていて、知らぬまに増えてたりする種。小さすぎるので扱い難いです。隠れ家にもならないし。網で掬って捨てちゃいましょう。

フローティング ルドウィジア

 弱光と濃いピート水には耐えれません。白いフロートがかっこいいですが、条件が悪いとフロートも無くなります。かっこよく育てるなら、チョコグラ水槽では無理かな…。

枯れかけ…

フルイタンス

 すこしサルビニアに似ています。根も葉も赤いのが特徴です。悪条件では赤い色も消えて黄緑になってしまいますが、矮小化して、どうにか育ちます。見た目以外にこれといったおすすめポイントはないかも。

Homeにもどる