8/29、AM8:30起床。タダで付いてたまずいホテル朝食を腹一杯かき込んだ後、今日の計画を練る。というか今日は北に行ってみるかという程度の計画やけど。相棒を駆り国道2号線を北へ向かう。ハーツレンタカーでもらったいいかげんな地図によると30km北上する間に3本ほど川があるはずだ。ほどなく1本目の川を見つけ車を止める。

 橋のたもとから川に下りていくと、ドボン、ドボンと水音が! 見ると50cmはあろうかという2匹のアノールが川に飛び込んで泳いでいくところであった。やっとマレーシアにやってきたって感じが出てきたというものだ。川面を覗くとセブンスポットアーチャーフィッシュ(5〜15cm)とニードルガー(30〜40cm)がけっこうな群れで喧嘩しながら泳いでおり、岸辺にはトビハゼspがちょこんと座っているのが見えた。

 魚を見れたのは嬉しいが、うーんこれはだめかも。導電率を測ってみると1990μSオーバー。えいやっと川の水を舐めてみるとやはりしょっぱい。汽水だ。ということはこのまま北上してもだめだ。もっと内陸部の道を進まなければ…。適当北上計画は早速変更になり、今度は国道14号線を北西に進むことにした。
 国道14号線を車を走らせてみるとまさにヤシのプランテーションだらけ。道沿いにヤシの畑か荒れ地のどちらかしかない道が延々と続く。


ヤシの畑

 ようやく橋を見つけ車を急に左に避け止まらせる。ブビー!と後ろの車から鳴らされるがこっちはそれどころじゃないんだよね。車を降りて川を覗くと赤茶色に濁った泥水だ。新しく造られたばかりのヤシの畑の土が赤茶色なのからしてその土砂が流れ込んでいるのは間違いない。駄目だ、この川は。次の川、次の川とチェックしていくも駄目駄目だ。しばらくして道路が少し盛り上がった所を通過。ん、今のは? 車をUターンさせて戻ってみるとそこには1mほどの幅の用水路だった。


記念すべき第1回突入場所

 よく見てみると道路下に太い土管が埋め込まれてあり用水路を下に通してあった。水は濁りのない濃いピート水だ! 水面には魚が作っていると思われる波紋ができている。が、しかし周りに川に下りる道は無く、水際の草は腰の高さまで茂り、足下は全く確認できない。これは…。ゴム長靴しか持ってきてないのに…。これに突入するには覚悟がいるよな…。まあ、行くしかないさ。靴を履き替え体中に虫除けを塗りたくり、いざ、突入! 足もとがまったく見えない45度ほどの急斜面を草をかき分け下りていく。足を滑らしたらどうなるんだろう、なんてことは考えない、考えない。やっと水際に到着し、ドキドキしながら網を入れる。が何度か網を入れるも何も入らない。導電率を測ると490μS。ん、なんでこんなに高いんだ? 何も生物が入ってこないところからも何か農薬が流れ込んでるのかも。この場所は駄目だ。でもあの波紋の正体はなんだろう?と思いながらも国道に引き返す。車にどうにか戻れた時には、全身汗だく、疲労困憊である。あの状況で詳しく水質測定したり、写真を撮ったりするにはさらに努力がいるな…。やれやれ、こりゃーつらいわ…。とばかりは言ってられないので次にいく。

 そして今度見つけた川はなかなか良さそう。橋の上から眺めるに、川幅は2〜3mぐらいで濁りのほとんどないピート水が結構な早さで流れ、白砂の川底には水草がたなびいていた。

 ただ、残念なことに川の片岸の木は伐採され、あの赤茶色の水が流れ込んでいるところもあった。


澄んだピート水の川に流れ込む赤茶色の泥水。


川の片岸から見た景色。見渡す限り伐採されている!

 でもこの川なら、もしかしてチョコグラが…。気合いを入れ直して、第2回突入!! 片側の木が伐採されてるため比較的簡単に近づくことはできたけれども。川面に近づくと3〜5cmほどのヘミランフォドンがたくさん泳いでいるのが見えた。はやる気持ちを抑えつつ水質を測る。PH5.3、GH0〜1、170μS。うーん、さっきよりはましやけども。多少不安になりながら網を入れてみる。するとひと掬い目からたくさんのヤゴなどの昆虫類が何十匹も入ってきた。これだけの餌があるならいけるはず。そして数度網を入れると魚の姿が! やった! 最初に採れた魚はタイガーストライプ模様で髭のカワイイ、スネークヘッドの稚魚だった。


トマンの稚魚かな?

 とにかく嬉しかった。続けて網を振るうと、ヘミランフォドン、バルブsp、ナマズsp、ラスボラsp、クローキンググラミー、ボララスマキュラータが採れた。


ヘミランフォドンとボララス


バーブsp


なまずsp


ラスボラsp

 しかしチョコグラの姿はなかった。やっぱり水が汚れすぎてるんかな。川の状況からクリプトコリネがあるかもと上流の方まで遡ってみたが長靴では限度があり、結局引き返すはめとなった。

 やっぱりウェーダーが必要だったかなと少し後悔。またいろいろな植物、水草、昆虫が見られたが、これらにについての知識が皆目無く、少しは勉強してきたら良かったかなと思った。

 やがて疲れのピークが来て、時計を見ると13:00。昨日、朝ご飯用にと買っておいたパイに齧り付く。中身はカレーだった。中身判らずに適当に買ったんだよね。サンドイッチのほうは怪しげな臭いをすでに放っていたのでパスした。ミネラルウォーターを1本飲み干すと、少し生き返った。それにしても、もう何度も突入できる時間も体力ももう無い。思ってたよりほんとハードだな。まあでもせっかくここまで来たし、もうちょっとはがんばらんとな。と次の川へ。

 次に見つけたのはヤシの畑の中から流れ出る小さな用水路だった。

 びっしり有茎草が生えていかにも何か居そうな感じだ。よっしゃ、いくでー。第3回突入やー。用水路のそばに下りていくと、スネークヘッドが逃げていく姿、蛙の姿が見えた。


カエルsp

 よしよし、まってろよ。網を入れるといきなりクローキンググラミーだ。次の網にはクローキング、そのまた次もクローキング。ひと網で多いときには5匹は入る。


クローキンググラミーも現地ではこんなに鰭が伸張しエメラルドグリーンの目と体色がすばらしい。

 水質を測るとPH4.8、GH0〜1、30μSのクリアウォーター。初めてまともな水質を見れた気がする。ただ、粘ってはみたが採れた魚はクローキングのみであとはオタマジャクシと目の真っ赤なミズカマキリ、えらく寸胴のタイコウチぐらいだった。それからヤシの畑の中にも突入してみたが、畑の中の用水路の水草はどうしてかすべて枯れ、藍藻だけが生えていた。今度は除草剤でも使ったのかこのヤシ畑は。くっそう。次だ。

 次に見つけたのはやや開けた何かの畑の用水路。

 所々に監視小屋らしき物があるが、その分、人が通る道が作ってあってすぐに水際に行けた。


小屋と言ってよいのやら…

 ただ、網を入れると何も生き物が入らない。ここも農薬かな…。畑を覗くと焼き畑で燃え残った切り株が所々見えていた。


焦げた切り株の上のトカゲsp

 ここも元はジャングルだったんだろうなぁ。ここで体力的精神的に限界を感じ、一路、買い出しのためにクアンタンの町へ向かった。

 が、どこを間違ったか、また道が行き止まり。地名を調べるとテロックビーチ。まあせっかくなのでビーチをぶらぶらしてみた。松林のビーチがマレーシアっぽくないんだけど。ビーチ沿いの小店をぶらぶら覗きながら歩いていると、マレーシア人の兄ちゃんがめっちゃうまそうに飯喰ってる。うーん、俺も喰いたい、昼飯、パイ1つだったし。なあ、何喰ってんの?と兄ちゃんに聞くとナシゴレンアヤム。との答え。よっしゃそれや。じいちゃん2人と娘1人で切り盛りする店でそれとアイステェを注文する。

 そしてほどなく持ってこられたそれを食べる。うんめぇ!こりゃうまい! けっこうボリュウムのあるナシゴレンに、鳥スペアリブをいったん揚げてからスープで煮込んだものを掛けてあり、そのさらっとしてるのに甘辛くコクがあるスープがパラパラの長形米のご飯に染みこみ、舌の上で奏でるハーモニーW。なんのこっちゃ。でもって4RM(約120円)。激甘アイステェ1RMと追加したペプシ1.5RMと合わせて6.5RM。また安いねー。道、間違ってよかったぁ。まあ、低血糖脱水症の体にはなんでもおいしいんだろうけどここのは別格でした。おすすめです。

 じじいが離れて店娘が近づいて来た時をみはからって、立ち上がり、「スダッスカリ、テリマカシ。」と言ってみた。そして反射的な娘の笑顔に満足しつつ店を出た。言ってみる直前に地○の歩き方で覚えた初めてのマレー語はどうやら通じたようだった。
 ホテルに戻り、明日の計画を練る。さあ、どうする? クアンタンの南、ペーカンのさらに南にベタトシアェの生息地があると聞いているのでとりあえずそこには行ってみたい。しかし国道を見るとペーカンから南に下りる道はずっと海沿いだ。海沿いは絶対に駄目だとわかってるし…、うーん。しばらく地図を見て悩んだ後、クアンタンの町から国道3号を南に下り、ペーカンから国道82号線を西に向かいながらパハン川に流れ込む支流をチェックし、次に国道12号線を北に上り内陸部の川をチェックし、2号線に出たら東のクアンタンに戻るという予定に落ち着いた。ペーカンより南の地域が気にはなるが…。これで明日は150km以上の移動となるはず。やるでえー。


今日の収穫だ!

8/28に戻る   8/30に進む