2003/8/28、とうとうその時がやってきたのだ。マレーシアにチョコグラを採集しにいくのだ! こんなことまでしでかしてそうとう俺もキテルよなと思いながらクアラルンプール(KL)に向けて12:00、マレーシア航空MH0053は関西国際空港を出発したのであった。

 7時間弱かかって17:40,KL到着。時差は1時間だ。乗り換え専用の出国ゲートを出て国内線出発ゲートに進み、クアンタン行きの19:45,MH1286を確認しようと掲示板を見るも無い! えっなんで? よくよく見るとゲートが変更されdeleyで20:20になってる。3時間近くもどうすんねん。おまけに国内出発ゲート内はほとんど施設が無く、換金するとこもない。つまり小さな売店でさえ何も買えない。ひととおりうろうろしてみたあと、乗り換え受付の兄ちゃんに「このフロアーに換金できるとこない? クアンタンに着くころには銀行しまってんねんけど。」と聞いてみた。「ここには無い。まだ時間あるから外にでたらええよ。」との答え。それならばと、再荷物検査と空港使用料金が気にはなったが、出てみることにした。空港内施設地図を見るとなんだか関空とよく似てる。程なく銀行発見、レートは3.18で20000円を636リンギット(RM)に換金す。ちなみにRMはマレーシア国内でしか換金できないので注意です。次に目に付いたのは本屋さん。チョコグラ載ってるのはあるかなとけっこう探したが淡水魚関係で惹かれたのは「金魚とベタ」という本だけだった。日本では考えにくい組み合わせやなー。結局この本は買わず。次に向かったのはカフェだ。サンドイッチとカプチーノで16.8RM。ついでに明日の朝ご飯にとパイとサンドイッチ13.4RMをテイクアウト。けっこう高いねぇ。とりあえずうろうろしつくしたので再び荷物検査を受けて国内線出発ゲートへ。気になってた空港使用料金は不要だったようだ。そしてほどなくMH1286に乗り込む。国内線となるともう日本人らしき人は自分以外は居てない感じ。シーズンオフだしね。だがそれにしても、マレーシア航空のスッチー(死語)はレベルが高い! そのなかでもひときわ輝くその彼女に、みとれてしまった。となりに座っていたマレー人らしきおっさんも彼女に釘付けなのも、私は見逃さなかった。軽やかにエマージェンシーベストや酸素マスクを付け外しする姿や、しなやかな手つきでオレンジジュースを配る姿に2人してみとれてるうちにクアンタン着。
 30分ほど遅れて着いたためハーツレンタカーに急いで向かう。というのも日本から予約していて、営業時間外だが待っていてくれるという約束だったからだ。が、なぜか急ぐ私だけがスーツケースを開けさせられる。俺ってそんなに怪しい? これは何だ?と折り畳みの手網について聞かれる始末。しかたないので得意げにシャキーンと網を組み立てて魚を掬う網だとジェスチャーつきで説明してやった。が、じゃあもういっていい、と無表情のまま言われてしまった。なんか悔しい!ちきしょー!
 ハーツレンタカーに着くと幸いまだ待っていてくれた。担当のおっさんはなかなかてきぱきした働きぶりだったが、彼女らしき女が「ねぇ、まだぁー。」と周りをうろついてるのが気になった(怒)。それから日本人がクアンタンで一人で車を借りるのに仕事じゃないのはおかしいと思うらしく、ほんとに観光?ワーキングビザはもってないの?と何度も聞かれるのにはまいった。まあ、重要な仕事といえば仕事なんだが…。
 ようやく車を手に入れて、ただでもらったいいかげんな地図を片手に出発。車はPROTON WAJA。マレーシア国産車で1.5L、オートマエアコン付き。1日170RMの唯一の相棒だ。


こいつには世話になった。こいつ無しでは何もできなかっただろう。

 道はイギリス領だったため日本と同じ左側通行で右ハンドルとあまり運転には不安はない。しかし道がわからない。ちょっと道ばたに車を止めて地図をよく見ようとするも、車内灯が切れてて暗くて地図が見えない。しょっぱなから相棒やってくれるよ。ナビはもちろん付いてないし、地名もまったくわからない。暗くて看板見えないし、どうにか見えても読めない…。とりあえず国道2号線をまっすぐ進めば着くみたいなので不安ながらに車を走らせる。道はまるきり高速道路風でスピードだけはどんどん出る。それにしてもみんなウインカー無しで車線変更、追い越ししまくり。地図見ながら走ってたら人を轢きそうになるし。国道の真ん中を歩いて横切るな!(怒) 
 やがてクアンタンの町に入るとそこはかなりの都会で、独立記念日が近いせいか神戸のルミナリエよろしく町中が電飾で覆われていた。ピートスワンプなんてものは想像はまったくできない所だった。道沿いも乾いた荒れ地が続き、こんなで魚が捕れるんかなとさらに不安にさせられる。
 やがて2号線を走っていたはずが行き止まり。なんで?どうして? 不安感が急に膨らんでくる。しかたないので少し道を戻り、ガススタに入り道を聞く。途中で曲がらないと駄目だったらしい。ほどなく2号線に戻れて走り続けるもホテルは見えず。この地点で23時はもう過ぎていた。今度は小さな国道沿いの飲食店の前に車を止め道を聞く。ホテルの名前を言うと、あっちと指さす。が、話しかけた2人の娘には英語が通じない。距離を聞いても解ってもらえず。こっちがジェスチャーつきで話しかけても笑ってばかりだ。まあでも方向は合ってるようだった。
 とりあえず車をさらに進めると、1分ほどで目指すホテルの看板が! うぅ、着いたよぉ。(泣笑) とにかく良かった。メーターを見ると空港から30kmほどの距離だった。
 チェックインを済ませて部屋に入ると、なんだこれ。セミスイートルームだよ。天井は5m以上あるし、4部屋あるし。新婚旅行で泊まった部屋より良いかも(笑)。これで3泊タダはおいしいな。今回の往復航空券(関空ークアンタン)45000円(+1人追加料金16000円)はショーケースマレーシアクーポンといって、3日間宿泊がタダでついてくるのだ。他に空き部屋なかったんかな。でも1人ではちと広すぎて寂しいかも。とりあえず採集セットを部屋に拡げてみる。明日は、やるぞー!! それにしても、なんかつかれたー、おやすみー。

準備していった採集セット。ゴム長靴、手網2つ、釣りざおと仕掛け、水質測定セット、解剖セット、ビニール袋、フラスコ、FinePix4900。

8/29に進む