2010/3/26、AM11:10、MH0051は関空からコタキナバルに向けて飛び立った。

 今回の旅行はここまで到達するのがまず大変でした。転勤が急に決まってまとまった休みが取れることとなり、あまり日程の余裕無く旅行会社をあたるも、コタキナバルでツアーをさがして満席と言われ、次にクチンのツアーを探せば移動ロスが大きいし相当高額となるしで、次にマレー半島のツアーを探している時に、コタキナバルツアーのキャンセル空きが出て、ようやく決定したのです。その間には、クチンに航空券とホテルの予約だけで行こうとした私に
 「そんなわけのわからない所に私ら連れて行かれて、もし子供に何かあったらどうするの。」
みたいな嫁の抵抗にあったり、
 「コタキナバルなんか聞いたこと無い…。」
と言う嫁に、コタキナバルは関空から直行便があってハネムーンとかに良く使われるビーチやでと説得したり、大変やったなぁ(遠い目)。コタキナバルが決まった後に嫁に
 「クチンはまた今度にする。」
と言ってみたら、ホントにもうこの人は…、やれやれだわ…という表情をされたりもしましたねぇ。
 おまけにコタキナバルはどうやらチョコグラの生息域とは外れており採集は無理みたいなことが旅行探し中に判明していました。たとえチョコグラが無理でも、何か掬えたらいいのになぁと無理矢理前向きに考えての出発だったのです。

 ちょっと子供も大きくなり機内で泣き叫ぶこともなくなり、席に常備されているゲームに夢中のうちに、4時間半のフライトでコタキナバル空港に到着した。直行便だと結構ボルネオ島は近く感じますねぇ。ボルネオ島初上陸である。なんだか感無量w。

 コタキナバル空港からJTBのバスで北に向かって1時間ほどかけてシャングリラ・ラサリアリゾートに到着した。4人家族でコネクティングルームを頼んだのだが、空いていないとのことで、なんとスイートルームに変更となった。クアンタンに行ったときも無料で部屋のランクアップがあったが、今回もで、かなりお得な感じであった。

 しかしこちらの立地はコタキナバルの町からかなり離れていて、後で判ったのだが、ホテルからの外出はタクシーでないとほぼ無理であり、すべてホテル内で法外な相場で食事も買い物も強いられるのである…。まあ、ツアー旅行ではしかたないのかな…。リゾート地で何もしない贅沢を味わえる人には良いところだと思うのだが、私には残念ながらそのような器量はない。

 こちらのホテルの敷地内には自然保護区があり、到着したこの日の夜、21:00から夜行性動物観察ツアーに参加した。ぼんやりとライトアップされた道を抜け小さな小屋に入ると、そこの覗き窓から夜行性動物を観察できるようになっていた。窓からは鹿が至近距離に見え、撒かれたエサをもりもり食べていた。真っ暗ではなく一応レッドライトみたいな小さな明かりがエサ場に設置されていて、結構はっきり動物達が見えた。しばらく観察してい黒いジャコウネコや野ネズミも見られた。しかし悲しいことにそのジャコウネコは毎日撒かれたエサをたらふく食べているからか、相当肥満していて、なんだかなぁ…でした。

 そしてそのうちホテルの案内人のレンジャーがストロボはダメですと言っていたのに、誰かがストロボを焚いて撮影するないなや、その後はもうそこは無法地帯と化した。あっちこっちでバシャバシャとストロボが焚かれ、視界いっぱいに光が炸裂し、私の開いていた瞳孔はキュキューと締まったのであった…。なんなんだこれは…。そして撮影される動物達も慣れたもんでまったくストロボに驚かずにモリモリ餌を食べ続けているのある。やれやれ…。

 何となく意地になって私はストロボは一切焚かなかった。苦労して窓枠にカメラを押しつけながら撮ったのがこの写真です。ぼんやり鹿が写ってますね。DMC‐LX3で絞り開放2.0、ISO3200でSSは2秒間での撮影です。

 その上、下の子供が眠たいと愚図り始め、上の子も飽きてしまってうろうろ歩き始めたので、迷惑になるので後ろに下がり、その無法地帯を撮影w。そして結局、夜行性動物観察ツアーは途中で撤退することとなったのでした…。やれやれ…。

3/27へ