繁殖環境について

 一般的に言われているのは、清浄な弱酸性軟水、PH4.5〜5.0程度で、よくろ過のきいた状態であること。これを水槽内で持続させるのは、それなりの経験と少しの手間はかかる。

 まず、種水にピート水を用いるのが良いと思われる。ピートは、タンニン酸、フマル酸、フミン酸等の有機酸が含まれており、水を弱酸性に変え、また静菌作用を持っているだけでなく、CaやMgなどを吸着し軟水化する能力を持っている。また有機酸は繁殖をうながす作用があるといわれている。PHドロップ等のPHを下げる薬品にはこのような効果がないし、リン酸が主成分で水の富栄養化の原因となる。PH4.5〜5.0程度のピート水は、酸性度が強いこととその静菌作用のためろ過細菌が繁殖しにくいという面があるため濾材、フィルターはよく使い込んだものを用いたい。また水を弱酸性軟水に変えるソイル(ア◯アソイル)があり、これを底床に用いたり、フィルターが外部式、上部式の場合は濾材としてこれを用いると比較的簡単にチョコグラの好む水質を維持できる。ただソイルの弱酸性化軟水化能力は3から6ヶ月ほどしかもたないため、交換時期や交換時の水質変化には気をつける必要がある。

 濾過フィルターは好みの物でよいが、チョコグラは夜間は水面に浮かんで眠る性質があるので、水面に水流があまりできないように工夫が必要である。浮き草をたくさん浮かべるのもいいだろう。

 換水は少量高頻度(1/5以下の量、1週間に1回程度(もっと多くていいかも))に行う。もちろんPHをあわせたピート水が望ましい。PHを合わせる作業が多くなるため、電子式PH測定器は持っていた方が良い。また水質変化を小さくするためにできれば水量の多い60cm水槽が望ましい。

 こまめな管理が必要であるが、水質悪化判断評価の容易さからはベアタンクをお奨めする。沈下性の餌も残さず食べてくれるし、掃除もしやすい。しかし、底が反射するため魚が落ち着けないので、水を弱酸性に変えるソイル系の底床をひくほうがよいという意見もある。このときは底床が厚いとどうしても有機懸濁態窒素(デトライタス)が溜まってしまい、エロモナス等の病気が出やすくなるので底床はごく薄く曳き、こまめに掃除しなければならない。

 あとはちょこぐらはかなり臆病なので繁殖を狙う時は単種飼育すべきだと思う。ただ、餌付くまでは混泳させたほうが早く人慣れするのでいいかもしれない。落ち着かせるために水槽の三面を紙で被うことや、飼育者がちょこぐらからあまりみえないように流木、水草を大量にいれるのもよい。特に水草がたくさんあると水質維持が容易になる。

 あと、飼育するオスとメスの比率であるが、聞いた話であるが、ペア飼いか5匹以上のどちらかがよいとのこと。ペア飼いの良いところはペアが繁殖に専念できること、悪いところは強い個体が餌をひとりじめし相手をかなりいじめることである。多匹飼いのいいところは、いじめが集中しない、落ち着きやすいことでしょうか。小さいちょこぐらがいじめられて死んでしまうことはよくあります。多数匹飼いして、ペアが形成されたらペア飼いにしてもいいでしょう。オスメス判別も困難なことですし。

 状態の良い水質で、落ち着いた環境で、赤虫、ブラインシュリンプ等の十分な給餌を行えばやがてメスのおなかが膨らみ抱卵してくれることだろう。我が家では、乾燥赤虫と顆粒状人工餌で産卵までできたができるなら清浄な生き餌が望ましい。。ちょこぐらは一旦餌づくと餌をより好みせず、けっこうな大食漢ぶりをみせてくれる。人工餌のやり過ぎは肥満を引き起こし生殖巣の成熟が阻害されるらしいので、人工餌は控えめにしたほうがよいでしょう。

 そのうち決まった2匹がペアを形成し、おたがいの尾を追い掛けるようにクルクル廻るような繁殖前行動がみられるようになる。これをクルクルダンスと私は呼んでいる。1匹は鰭が短く透明で、腹部に黒い発情色がでて、もう1匹は鰭が伸びて濃い発色で不透明になっているはずだ。

 このクルクルダンスが頻繁に見られるようになれば、次は産卵行動の誘発である。はっきりした答えはいえないが、日本において繁殖に成功した人の条件と生息現地の条件から推測はできる。次のような報告がある。

 1)24℃とやや低めの温度で飼育し、抱卵が確認できれば、水温設定を28℃に上げると産卵した。

 2)繁殖は決まって冬の寒い時期に行われる。

 3)換水により2℃水温を下げ、その後徐々に水温を元に戻すと産卵した。

 4)水位を6〜8インチに下げ、徐々に水温を2℃上げた後、ややPHの低い水を加えて急にもとの水温にもどすと産卵する。

 水深、水温変動、換水のどれも、排卵誘発のための処置になります。あと低気圧の接近など気圧の関与もあるようです。メスの卵巣が成熟していないと意味がありません。これらの刺激で排卵がひきおこされるのです。
 ちなみに抱卵とは、卵巣に成熟した卵を持つこと。排卵とは、卵巣で成熟した卵が、卵巣の内壁から剥がれ産卵可能な状態になること。産卵とは、卵を体外に排出することです。排卵後の卵は徐々に変性が進むので、排卵後すみやかに産卵受精が行われないといけません。魚類の場合、メスが排卵すると同時にある種のホルモンを体外に放出し、それに反応したオスがメスを追尾し、続けて産卵放精行動がおこなわれる仕組が知られています。

 我が家でも冬の寒い時期に産卵は行われた。水温は25℃に設定しているが外気温が低いためヒーターが頻回に働き水槽内に温度差ができていると思われた。つまり、結果的に水温の変化が繁殖行動を誘発しているようである。生息地では雨によって、水温低下、電気伝導率低下、気圧低下など複合的な刺激を受けているはずである。一般的に繁殖方法が良く知られている魚も雨で増水したときに産卵するものが多い。これは、増水で水が濁っているため産卵直後に他の魚に食卵される危険が少ない、また、陸地の栄養分が流れ込むことによりたくさんのプランクトンが発生しやすくなり稚魚達が餌に困りにくいなどの理由もある。

我が家の産卵2回目時の環境

 30×30×30サイコロ水槽。PH5.4。 水温設定25.0℃。外気温約5℃。ちょこぐらオス1匹メス2匹。水槽の上部2/3はアメリカンスプライト、ウォータースプライトが繁茂し、下部1/3はミクロソリウム、アヌビアスが活着した流木がたくさんあり、餌をあげるとき以外、ちょこぐらの姿はあまり見えない。餌はも◯じトロ◯カルミニと乾燥赤虫だけ。濾過はプライ◯パワー10にリング濾材(バイオネ◯サス、バイオネ◯サススーパー、キョー◯ンエア◯リング)のみ使用。

我が家の産卵3回目時の環境

 PH5.1。 水温設定25.0℃から27.0℃に上げてから4日後。その他の条件は2回目と同じ。

 そして産卵して咥卵したら、あとはしばらく待ちます。できるだけ静かな環境を心掛けてあげましょう。おびえると食卵する確立が高くなってしまうかもしれません。換水もそっとおこなって水質も良好に保ちましょう。待つ方法としては

1)すぐに、夜などチョコグラが眠っている時にそっと他の卵を咥えていない個体を別水槽に移動させる。
2)すぐに、咥卵した個体を別水槽に移動させる。しかしそのせいで食卵してしまう危険があるかもしれません。
3)水温にもよりますが、そのまま2週間ほど様子をみてから咥卵した個体を隔離し自然に吐き出すのを待つ。
4)そのまま1週間ほど様子をみてから人工的に吐き出させる。

 などがあるでしょうが、どれも間違いではないでしょうし、どれがいいともいえません。餌についてはやはり咥卵している個体には与えないほうが食卵の危険は少なそうです。混泳してる場合、他のチョコグラに与えられなくなるのでどちらがいいのかなんともいえませんが。

 ちなみに吐き出すまで水温28℃で約14日、26℃で約19日、25℃で約21日ぐらいです。親チョコグラは物陰に隠れてあまり前に出てきませんが、吐き出すちょっと前には、親チョコグラはおちつきなく上下に泳ぎまわります。吐き出された子チョコグラは小さなゴキブリのような色合いで4から5 mmの全長があり、最初から孵化したてのブラインシュリンプを食べることができます。

Homeにもどる