ちょこぐら解剖学

はじめに

 知識もほとんど無いままに、ちょこぐらの解剖をしてみました。写真もコメントも貧弱なものです。とりあえず、準備中ということにしておいてください。

 2001/9/1に死亡した個体を検体として用いました。外見からはオスと思っていたのですが、解剖してみると卵巣がありメスでした。メスも成熟するとライアーテイルになるようです。

 鰓と腹腔内を露出させたところです。鰓弓が痛んでいますが、死後時間が経っているためか、直接死因なのかは判りません。鰓の上端のところにはアナバンテッド特有のラビリンス器官があります。血管が集まって団子の様になっている臓器であり、空気中から直接血液中に酸素を取り入れ、二酸化炭素を放出することができます。この写真ではちょっとわかりにくいです。鰓の下には三角形の心臓が見えます。ほ乳類の心臓が2心室2心房であるのに対し、魚の心臓は1心室1心房です。その尾側にあるピンクの大きな臓器は肝臓です。そのさらに尾側にあるのは卵巣です。この個体では卵巣は腹腔内のかなりの体積を占めており、その中には多数の黄色い卵を確認することができました。

 内臓を取り出したところです。左上から、卵巣、浮袋、胃と腸、肝臓、心臓です。その他の臓器は小さすぎてどっかにいっちゃいました。こう見ると、いかに卵巣が大きいかわかります。可哀相なことをしました…。胃は小さく、腸は非常に短いです。雑食性や草食性の魚の場合、腸の長さは体長の数倍ありますが、ちょこぐらは全長の半分ほどしかありません。これは喰い溜めができず(持続的少量の餌が必要)、消化の良い栄養価の高い餌つまり動物プランクトンなどを必要とする消化管をもっていることを示します。

2001/9/25にホルマリン固定したオスの解剖

 それではオスではどうなのか? 比較してみました。ただ、ホルマリン固定しているためその色は脱色されて良くわかりません。

 鰭の辺縁が非常に伸びて、明らかなライアーテイルになっています。これは間違い無くオスと判断できます。ちなみに全長は5.8cmあります。

 腹部を拡大したものです。色がほとんど無いので解りづらいですが、肌色ののっぺりした大きな肝臓の尾側に、黒い腎臓と、そのまわりに白い精巣があるのが解るでしょうか?

 内臓を取り出したところです。ピントが合っておらずすいません。右から肝臓、胃、腸、腎臓、精巣です。また体の右側から解剖して気付きましたが、肝臓は体の左よりに、胃は体の右よりに位置しています。人間と比較すると逆に位置になっています。

2001/11/4に死亡した2個体の解剖

 残念ながら死んでしまった2匹のチョコグラのオスメス確認のため、解剖してみました。しかし、どちらもはっきりとした生殖巣は持っていませんでした。全長が3.2cmと4cmと小さいのもありますが、なによりどちらも痩せており、栄養状態が悪い個体であったのが理由のひとつと思われる。体の大きさに比較して眼球が大きいのも、それを裏づけると思われた。自然下ではこのような痩せた個体はまず生き残れないはずなので、この痩せはチョコグラを採集してから日本で売り出されるまでに非常に長い時間がかかったことを示すのではなかろうか。1週間の絶食ではこんなに痩せたりしない。

2002/1/12に死亡した個体の解剖

 メスの予測で解剖開始。しかし生殖巣ははっきりしなかった。全長3.9cmと小さいのも関係するだろう。かなり虐められて餌をあまり食べていなかった個体だったこともあり、栄養状態がよくなかったからだろうか。ただ、4cm未満と思われる個体が卵を咥えている写真をみたことがあるので、栄養状態の関与が大きいかもしれない。

Homeにもどる