ちょこぐらのイジメ対処法

 ちょこぐらは同種同士ではよくイジメが見られます。また強い個体が弱い個体を陰険に執拗に追い掛け突っ突き続け、相手を死にいたらしめることも珍しくありません。またイジメられ続けている個体が弱って病気を発症し、それが他の個体すべてに伝染して全滅なんてこともあります。

 まず、イジメの起こりやすい状況としては、2匹や3匹など少数匹飼育である時、体格差が大きい時、隠れ家が少ない時、水槽が狭い時などです。この状況だとイジメ必発とも言えるかもしれません。また、いったん標的として狙われた弱い個体は、強い個体の目に付く限りひたすら狙われ続けられることが多いです。

 対処方法としては

1. 飼育数を5匹以上にしてイジメを分散させる。
2. 体格に差があまりないようにする。
3. チョコグラ同士が見えないぐらいにできるだけ障害物(流木、水草)を入れる。
4. 逃げる場所があるように、大きめの水槽で飼育する。
5. 餌は弱い個体にまわるように、1ケ所で与えずばらまくように与える。

 ぐらいでしょうか? これでも完全にはなくすことは難しく、多少は目をつぶるしかありません。原因としてはチョコグラの性格が挙げられるでしょう。

 チョコグラは同種には結構喧嘩しかけますが、他種にはまったくといっていいほど攻撃性はなく、むしろ他種に攻撃されたらすぐ逃げて、まず反撃しないです。他種とはできるだけ争いは避ける主義でどちらかというと臆病ともいえます。しかしアナバンテッドだけあって同種同士になるとテリトリーを主張して弱い個体を追い出しにかかります。

 特にペアを形成したときは、ペアを組んだ相手にはまず攻撃しませんが、それ以外のチョコグラには激しく攻撃します。流木の陰をペアが陣取り、他の個体は流木には近付けさせないなんてこともよくあります。これは自分の遺伝子を残すための本能だと考えられます。水槽内でも複数飼育していると、一通り喧嘩した後に、力の序列ができあがっている感じを受けます。

 あと、やはりイジメの好きなやつ、おとなしいやつと性格の個体差もかなり見受けられます。苛めっ子を購入してしまうと結構苦労するかもしれません(笑)。

Top pageにもどる