チョコグラ継代繁殖情報

 チョコグラをコンスタントに繁殖させている方々のその飼育環境を知りたいと思いませんか? その情報の公開に快く承諾していただいた「生態愛好者」さんの飼育環境を紹介させていただきます。この飼育環境でチョコグラ4代目飼育に至っているとのことです。

 水槽DATA:

1代目繁殖水槽DATA
・水槽
:90×45×60アクリル製
・照明:TAK◯DA製メタハラ2機 球はデ◯リー製 計300W(低ケルビン仕様)(*1)
・濾過:オリジナルオーバーフロー サンプは60×45×45(*2)
・濾過材:基本的なリング素材 受け皿のマットは硝化反応を極力減らすため毎日洗浄。吸着剤は珪、燐酸を流出するおそれのあるバンブーカーボンは使用せずシー◯ムシリーズのリニューを使う。
・添加物:基本的に添加せず。ただし肥料として毎日少量のカリ分と若干の鉄分を添加。殺菌には竹酢を使うが、こちらは極少量に止め出来ることなら使わないこと。(*3)
・二酸化炭素:業務用大型ボンベ仕様。拡散器具はA◯Aのビートル30×2
・餌:人工飼料になれるまでは、冷凍アカムシ仕様。その際はオゾンで12時間消毒。メインはA◯AのA◯フードとDu◯laのR◯nでこれを1〜2日に一回、耳かき大の物で食べきれるまで根気よく与えます。よく「餌が少ない」と周りからツッコまれるのですが正直、自然下における小型魚の捕食率はこれよりずっと少ないですし後述する水質を労なく維持するには、この量が丁度いいみたいです。手間や水質汚染の観点から生餌は極力使用していません。
・低床:ソイル系 ただし富栄養価を避けるため底面肥料は殆ど使用せず。
・殺菌灯:生物相の弱体化につながるため、今回は使用せず。(*4)
・オゾナイザー:もちろん使用しない。(*5)
・クリプト及び陰性水草を6ヶ月育成した水槽をそのまま使用。
・生態はオトシンクルス・ネグロ以外は撤去。ヤマトヌマエビも稚魚を襲う可能性があるので排除。
・合計36匹のSphaerichthys osphromenoidesを飼育
・生態系、生物相、及び遮光による環境の変化を避けるため、泥炭および現地落葉の使用は行わない。ただし、流木および低床ソイルによってPH、硬度は低めである。(*6)
・RO/DIを使用し、燐酸、珪酸、硝酸、原虫、KH(Ca・Ma)重金属を初めとする水道質を極力排除(正確には水質DATA項目で)
・産卵を誘発させることは、(あくまで)人為的にはおこさない。
・換水は定期的に行うのではなく、TDKメーターの数値にあわせて行う。

 水質DATA
・水温23.0〜26.2℃ 通常は24℃。抱卵を確認次第、徐々にあげること。
・PH6.22〜PH6.89 PHは自然に任せる。定常は6.50程。二酸化炭素添加で上下。(*7)
・GH・KH 共に1〜2 極力低く。しかしRO/DI仕様のため神経質になる必要なし。
・TH15
・TDK(伝導率)80〜100μs 100μsを越えたら換水。(*8)
・KH4/NO2 問題外。限りなく0に。
・NO3:1mg/L以下
・COD:2mg/L以下
・珪酸・燐酸:測定せず。が、他の項目より気にしない。

 種水はピートを直接使うのではなくまず、高性能のRO/DIを通して、高純度の純水を作った上で飼育状態にあわせて水を作り上げていきます。私の使用しているRO/DIとのこですが東○科研という研究用のフィルターを使っているため正直おすすめできませし、なにより普通に買えません。一般的おすすめはマーフィー○社のタイプU型とRGダ○シュのコンボシステムです。その性能ですが、生産量(水温10度で毎時5L。20度なら15L以上)も除去の能力もまずまずで、TD○社製の伝導率計で計ったら計測限界下です。水質測定にはまず何より伝導率計とCOD検査薬(ORPモニターでもよいですが)をお勧めします。その理由としては水槽内の容存物を総合的に計れるので感覚的に水質を把握しやすいからです。

*1:今に思えばこんなの必要ありません。気張り過ぎです(爆)。実際、2代目以降は通常の蛍光灯で問題ありませんでした。
*2:これも、必要なし。外部フィルターで十分。ただ、水流は若干苦手なきらいがるので弱めにした方がいいかも。あと硬度が高いと食卵しやすいみたいなのでピートも可。私はピート使いませんが^^;)
*3:木酢(植物による)殺菌については、それ一つで原稿用紙10枚以上の論文が必要なので、煩雑を避けるためここでは言及しません。
*4:殺菌灯の使用については難しい問題です。確かに病気に弱いチョコグラにはかなり有効なアイテムなのですが、同時に、酷くデリケートな道具でもあります。以下にデメリットを書くだけでも随分な量になってしまいます。
   1・飼育水の温度をあげてしまう。
   2・25℃以上の水温を境に効果が激減してしまう。
   3・その特性上、ブラックウオーターでは使えない(正確には使っても効果がない)。
   4・高価。
   5・生物相の破壊
 特に最後のデメリットが、当時使わなかった最大の原因です。生物相とは簡単に言えば「食物連鎖」のことです。殺菌灯を使用することにより病原菌以外にも極細かな細菌も殺してしまいます。そうなると水槽全体の生物相が貧弱化しひいては自然孵化(餌をやらずにある程度まで大きくなること)が難しくなるのです。これはベアタンクのマイナス点にもいえることです。特に私は、最高作り上げれば病原体が必要以上に繁殖することが無いと学校で教わってきているので、殺菌灯の使用をあまり好ましく思わないのです。 ただ、もちろん一定の環境下では今尚、必須とまで言われている道具なので否定はいたしません。用は使いどころが難しく、今回のようなケースには使えないと判断したのです。
*5:殺菌灯以上に淡水では出番なしです(^^;)。ただ、生き餌を殺菌する際には最高の道具でしょう。・・・贅沢ですが。
*6:泥炭はピート、現地の落葉は今で言う「マジッ◯リーフ」です。ピートを使用しない!・・という、一部の人からは反論を買いそうな一文です(苦笑)。しかし、前述の通り少なくとも現地の水質をご存じの方なら私の意見に賛同していただけるでしょう。実際、他のチョコグラマニアな方達の資料にもそうあります。場所によっては平気でクリアウォーターにPH7の水質で生息しているものもいます。(ただ、硬度は極低くしなければなりません)もちろんこれも、ピートを否定しているワケではありません。単にピートを使用しなくても繁殖出来る、ということです。現地の水質を考察しそれを理論で再構築する。私の熱帯魚美学の一つを実践したまでです。
*7:照明から4時間後には二酸化炭素によってPHの降下はピークになり逆に光合成が活発になってくるあたりから消灯前にかけて、徐々にあがります。よって夜分エアーを送り込んで、朝測定した値がPHの最高値になります。 
*8:ここは少し矛盾しています。現地ではおよそ200μs前後の伝導率とのことだったのですが、様様の管理簡潔化により低容存物環境下にしました。 (主に苔と病原菌対策です)  

3代目繁殖水槽

 水槽:スタンダード60cm水槽に、20匹近く。水系維持のためにミナミヌマエビとオトシンネグロが混泳。

 水質:PH…6.2〜6.6 TH…20mg No3…1mg以下 COD…4mg Po4…0.05以下(計測限界)電気伝導率…50μs

産卵咥卵行動とその後の対処:
 メスらしき個体(後に解剖後メスと判明)が産卵するとそのまま自らが卵を口にくわえ水草の茂みに入っていきました。その間オスはメスの周りをゆっくりと泳ぐだけでした。後に食卵を避けるため、咥卵した個体を動かすことなく他のチョコグラの方を全て90から退去。後に水温を25迄上げた後、およそ23日ほどで稚魚を確認。目視での産卵数は40〜50個。後、成魚まで生存したのは23匹。

筆者「生態愛好者」さんのあとがき

 上のDATAは1999年1月22日より観察を始めた「Sphaerichthys osphromenoides 」の繁殖記録です。当時のDATAをなるべくそのまま掲載したつもりですが、所々判読不能な文面や抜け落ち等がありますので、ご了承ください。また2003年の現在では、明らかに誤った方法、判別、知識等が含まれている場合もあります。その場合につき(*)閉じで注釈を入れますが、他は原文のままで書かせて頂きます。これを読まれる皆様は以上の事をご確認の上、自らの責任と裁量をもって当文章を判断されるよう、重ねてご理解の程宜しく申し上げます。
 当時、繁殖はおろか長期飼育も難しいとされる種に「Sphaerichthys osphromenoides 」がいた。俗に云う「チョコレートグラミィー」である。その魅力について、今ここで言及する必要はないだろう。それほどに魅力的な種であった。私は、まず市販の本の熟読から始めた。人工的に繁殖する際のDATAを集めるためだ。ところが、まず殆どの商業雑誌には「Sphaerichthys osphromenoides 」の繁殖方法など記されていない。(*実はそんなことないのだが、当時はNETもろくに普及していないご時世に加え私自身、20に満たない小僧っ子だったので資料(特に学術書)集めがひどく困難でした。ちなみに商業誌で最初にちょこの繁殖記事をみたのは2001年4月のフィッ○ュマガジン・・・随分と時間が経ったあとでしたね^^;)
 そこで、大学の教授のコネでマレー半島にある河川生態系を実地調査している某研究室から現地の「Sphaerichthys osphromenoides 」の分布図と水質DATAをFAXで送って貰う。繁殖DATAがないのなら、なるべく現地の水質と生態系を分析し、これを以て実地に移す。畑は違えど、専攻の海洋資源研究と同じ考えに基づくものである。
 送られてきたFAXを一読して、非常に驚いた事があった。現地の水質だった。マレー半島、ボルネオのサワラク・・・色々と興味深いDATAがあったが中でもとりわけ面白かったのが西カリマンタンのカプアス川水系だ。「Sphaerichthys osphromenoides 」といえば乾期には、湿地とも水たまりともつかない水流の静かなブラックウォーターのなかで木の葉のように泳いでいるもの・・・そう思っていた自分の偏見を一気にうち砕くものだった。見ればPHの振り幅はゆうに2,0以上。カプアス水系内では4.5から6.8もの差があると判明。しかも添付された現地の職員(学生)の話では「種や場所にも拠るが、クリアウオーターでもosphromenoidesを見かける」とのことだった。しかし、驚愕や今までの偏見に対し、1つだけ従来の知識と事を共にするDATAもあった。硬度が一律にどこも極低かったのである。さらに詳しいDATAは、後に友人と現地の水質をあたるとして(*この時の現地から送られてきた水質表もお見せしたかったのですが、見事紛失><友人に聞くも『わしも持っておらん』との事・・・全15項目以上の水質(たしか)が記載されていたはずなのに。実にもったい事をしました)。以上の事をふまえて繁殖用の水槽を設備し飼育開始しました。

淡水性熱帯魚におけるRO/DI水使用マニュアル

 チョコグラ継代繁殖情報を提供していただいた「生態愛好者」さんに、RO/DI水についての情報も提供していただけたのでここに紹介させていただきます。

はじめに
 RO/DIとは簡単にいえば、逆浸透膜システム(Reverse Osmotic:略してRO)は水の分子のような比較的小さなものだけを通す目の細かい膜でもって、不純物を濾し採る方法、イオン交換システム(Deionized :略して DI)は陽イオンの換わりにH+を放出、陰イオンの換わりにOH-放出することにより水の中のイオンを除去する方法2つを合わせたものです。これらの純水をつくる2つシステムは互いに得意不得意を要しているため、より純度の高い水を作るにあたって、両者を合わせた『RO/DIシステム』が有効となるのです。(マーフィー○社でいうエ○スパートシステムがRO、RGダ○シュがDIにあたります)
 RO、DIのしくみの詳細その利点弱点、電気伝導率の定義、純水の定義、純水の保存方法などについては、検索サイトで「RO/DI」を調べるか、または他のアクアリウムサイトを参考にしていただきたいと思います。おすすめサイトとしては「Blue Lagoon /リーフ水槽のページ」、「TUKA'S HOME PAGE」などが挙げられると思います。

純水の使い方
 ここでは、無事RO/DIを使用して(使用方法は説明書を読んでください^^;)高純水を作れたと過程しそれを飼育に導入するまでの過程を追って説明します。

・既に水槽を立ち上げている方
まず、飼育水をTDSメーター(電気伝導率測定器)で計ってください。次に、水道水の値を計ります。ここで飼育水の方が伝導率の値が多い場合即水換えにあたって問題ありません。この際、純水にROコンディショナー(後述)を加えることなく水槽に添加してください。中の生体にショックを与えないように、最大で全水量の30%程に止めて置くことが必要です。もう一度、水槽内の伝導率を測定します。これを水道水より低くなるまで繰り返し日を改めて行ってください。そして水道水の値を割ったら中の生体に併せて数値を調整してください。生体にとっての伝導率適合表は後述します。

・これから水槽を立ち上げる方
使用する水槽の80%ほどの純水を用意してください。これにROコンディショナーを使用します。ROコンディショナーとは『微量元素追加剤』です。(いわゆるアクア○イフ等とは全く別ものなので注意してください)これは、純水にしたことによって失ってしまった、本来生体に必要不可欠な微量元素を追加する調整剤です。これを使用した元水(水道水)の伝導率値の半分くらいになるまで添加してください。(注:ROコンディショナーは完全に水に溶けきるまでに時間がかかります。もし元水が200μsなら50μs程度の調整水を作って一昼夜エアーで攪拌してください。再度計ると〜100μsまで上がっていることがあります)こうして作った水に、残り20%の他の水槽の飼育水(または天日処理した元水)を足してください。

 これで、純水から水を調整する方法がわかりました。しかし、ここで大切なのは
1・純水のみでは飼育水に使えない
2・伝導率が低ければ水が綺麗というわけではない
3・ROコンディショナーだけで水を調整してはいけない

ということです。特に大事なのが2番と3番です。DIの項目でも述べたとおり、TDSメータで計っているのはあくまで荷電をもったイオンの総量であって、不純物の総量ではないのです。これを勘違いしてしまうと逆に生体に悪影響を及ぼします。TDSはあくまで目安。他の水質と相対的に調べることで本来の意味を成すということを忘れないでくださいそして3番ですが、これは単純にコンディショナーの精度があげられます。たしかにROコンディショナーには必要な微量元素が入っていますがはたして、それで全ての元素がまかなえる物なのでしょうか?答えはNOです。昨今の技術がいかに高かろうと、微量元素のみの高濃度抽出は未だ無理です。ましてやこれはホビーレベルの添加剤です。全面的に信頼するのはやや危険といえるでしょう。
 ROコンディショナーとは、あくまで補助剤です。自然の水の豊富かつ安定した元素量には比べるべくもありません。実際、作った純水をエアー前、後で水質を計ってみましょう。おそろしく数値が変わるハズです。要するに自然の水に比べて緩衝性と言ったものが極端に低いのです。しかし、RO/DIを使用する人の中には「折角、精製した純水に元水を入れたくはない」と仰る方もいるかもしれません。・・・しかし、元水を足すのはあくまで20%以下です。そこからもたらされる安定した元素は、元水の不純物をいれるデメリットを差し引いても是非とも欲しい物です。ですから、もしそのデメリットが気になる、というのであれば代わりに他の飼育水を使用してください。またROのみを通した水でも構いません。(微量元素を多く濾し採るのは構造上DIの方のため)しかし、経験測からいわせてもらえば、20%以下の水道水の使用は生体に対して殆ど問題のないレベルだと思います。実際、今までRO/DIを使用してこなかった方々は100%水道水なのですから。

生体別TDS適正値と地域によるTDSの差異
 具体的にどれくらいの数値(μs)が生体に合うのかを記述していきます。
 特に調整せず、一般の水道水を使用した水槽は250μs〜400μsが多いようです。経験から言わせて頂ければ、飼育難度の高ければ高い魚ほどTDSは低めにまた、通常から高PH域に生息する魚ほど高い数値で問題ないように思います。また、飼育するだけに止まらず、繁殖や色揚げまで狙って飼育するさいにはやはり低容存物下で飼育するのが望ましいように思います。
 (注)ここに記載された魚のDATAはあくまで、経験則及び生息地域から割り出した適合値です。必ずしもこの数値が正しい訳ではありません。また再三言うようですがTDS値は総合的な不純物溶解値です。いくらμsが低くても有毒元素(アンモニア等)が高ければ生体の育成は望めません。水草では特に燐と珪酸が苔に影響します。これを読まれる方は各自の責任でもって判断してください。

生体別TDS適正値
南米カラシン類 150μs〜500μs
ラスボラ、コイ類 150μs〜600μs
ディスカス、アピスト類 80μs〜200μs
現地ヘッケル、チョコグラ類(飼育難種) 20μs〜100μs
グッピー類(卵、胎生メダカ)200μs〜1000μs
アフリカンシクリッド類450μs〜3000μs

水生植物別TDS適正値 
クリプト類 50μs〜
シダ、苔類 80μs〜
その他成長の遅い水草 50μs〜(ヒゲ苔防止のため)
一般的陽性水草 100μs〜
リシア,グロッソ類 120μs〜

河川別TDS値
【日本】
 秩父水系上流 60μs
 四万十川上流 80μs
 奥入瀬川湧水地 30μs
 荒川河川下流 2500μs〜     
【東南アジア】
 カリマンタン カプアス川上流 100μs
 ボルネオ サラワク川止水 210μs
【南米】
 アマゾン クリスタリーノ湧水地 20μs
 アマゾン アラグアイア上流 50μs
 アマゾン パンタナル 120μs    

水道水
 埼玉県南部 220μs

筆者「生態愛好者」さんのあとがき
 以上、これを以て「RO/DIシステム」の説明を終わらせていだきます。大変ややこしい機材ではありますがより高度な環境や飼育難度の高い魚に挑戦する場合は必須の道具ともいえます。閉鎖された水槽という空間は、何をしなくても次第に汚れていきます。手を加えずは決して元に戻ることはなく、最終的には換水という作業をもって修復しなければなりません。でしたら、なにも水槽内に余分なのをいれる(市販の多くの効果不明瞭な添加剤)よりむしろ、余計な物を排除した方が水槽維持を長く保てるというのは・・・既に自明の理です。そういった意味ではこのRO/DIは化学的にきちんとした説明のできるシステムなので構造さえ理解できれば安心して信頼がおけると思います。

Top pageにもどる