チョコグラ導入について

 熱帯魚飼育初心者がShopで出会ったチョコグラに一目惚れして購入してきたのはいいものの、1ヶ月、ひどいときには1週間保たずに全滅してしまうなんてことは、珍しいことではありません。(私も昔は何度もやってしまいました…。) ではどうすればうまく導入できるのか? 初心者向け?に少しだけコツを書いてみます。

 まず導入しようとする前に、チョコグラは飼育が一般種と較べるとやはり難しいこと、弱酸性軟水が適していることぐらいは認識し、多少世話に手間と心遣いが必要となってもいいという心構えが欲しいです。私自信にも言い聞かせたい点です。これをみたしてから次に進んで下さい!!

 チョコグラを導入するにあたってもっとも重要なこと、それは「状態の良い個体を購入する。」これにつきます。あたりまえなのですが、ここのこだわり程度でまったく結果が変わってきます。体調を崩しているチョコグラを購入した場合、数週間も保たずに全滅するという可能性は非常に高いでしょう。

 販売しているチョコグラ健康レベル?ごとに状態を書いてみますと

Grade1. エロモナスなどの病気に罹患している。
Grade2. 同じ販売水槽内に死んでいる個体、病気の個体が混じっている。
Grade3. 胸鰭をバタバタさせながら水槽の端でじっとしている。
Grade4. 体色が白っぽい灰色で、尾鰭を閉じている。
Grade5. 体色が薄い茶色で、尾鰭はどうにか開いている。
Grade6. 体色が茶色で、黄色の線がはっきり発色していて、尾鰭を開いて、元気よく泳いでいる。
Grade7. 体色は濃い焦げ茶色の上にメタリックな輝きがあり、さらにメスでは鰭が濃く発色して不透明になっている。

 Grade1.2.は論外で駄目です。あっというまに死んじゃいます。というかこの状態で販売している店はちょっとやめといたほうがいいです。Grade3.では相当厳しいです。たぶん駄目です。Grade4.なら運がよければうまく導入できるかもです。Grade4.とGrade5.が混じっている中のGrade5.でもちょっと保証はできないかな。1匹でも病気が出てしまったら伝染して全滅しちゃいますから。Grade5.は迷うところ。店に入荷してから1ヶ月以上経過していて、Grade5ならまあ買いです。いっときましょう。Grade6.なら迷わず合格です。Grade7.ならすぐさま買っちゃいましょう(笑)。でもまずこんなの売ってません。

 まあGrade6. 以上になると、店を選ばないとそうそう見かけません。販売水槽も、ピート水を使っていたり、単独販売されてたり多少手間かけられて販売されていることでしょう。いろいろな店でチョコグラの仕入れについても聞いてみましたが、売れるのが先か死ぬのが先かみたいに考えてるひどい店から、便による当たりはずれが大きいので状態がよっぽど良さそうな時しか仕入れませんという店まで様々です。状態のいいチョコグラ探すには、よい店を探すことからしないといけないかもしれませんね。

 二番目に重要なことは水あたり(PHショックを含む)を起こさせないことです。店の水と自宅の水槽の水の水質にかなり差がある場合には、一般的な熱帯魚導入法のように袋を水槽に浮かべて水温が一緒になったら、水を半分混ぜては20分ほど待って捨てを3回くり返すなんていいかげんな水合わせをすると、チョコグラは水当たりをおこして白くなって斜に倒れてしまったりします。こうなったらもう命は長くありません。

 店によっていろいろな水質で売られているので、水あわせする前に店の水と自宅の水槽の水をしっかり水質測定してその差を認識したほうがいいです。基本的には自宅の水槽の水が弱酸性軟水ならOKです。でもPH,GH,導電率ぐらいは比較したいです。たとえ試薬器具が無くて測定できなくても、店でどのような水を使っているかは聞けばわかります。教えてくれない店はやめときましょう。カルキ抜いただけ水道水なのか? RO水を混ぜているのか? 水草水槽の古水を使用してるのか? 一晩エアレーションした後の水なのか? ピート処置しているのか? PH降下剤を加えているのか? 薬、塩は加えているのか?などは聞いてみればわかります。できるだけ水質変化の少ないように導入してあげましょう。あまりに水質に差がある時は、水合わせに数日、長ければ1週間以上かけたほうがいいときもあります。このへんは魚の調子を見ながらになってしまいますが。

 うまく導入すると、水槽に移した初日から、冷凍赤虫なんかだと飛びついて食べてくれたりします。こうなればとりあえずは一安心ですね。飼育に手を抜かず、ろ過の効いた弱酸性軟水を維持してあげましょう。

Topにもどる