2003/4/20、導入してから2週間以上経過してまず安心と思ってたら、そーでもなかった。昨日まで気付かないぐらいだったが今日見たら5匹ともコショウ病にかかっている! 上の写真では判りにくいかもしれませんが、頭と尾ひれに結構コショウ吹いてます。まだ5匹とも元気で餌喰いもいいが。やっと塩と薬が抜けたと思ってたらこれだ。しかたなく、塩とメチレンブルーを入れ、水槽底面を少し掃除し、水温を30℃に上げた。治ってくれよー。それから一緒にいるスマラグにはまったくコショウ付いてません。水がいいのでバリバリに発色してるし元気いっぱい。強いね君は、ほんと。でもおかげでセラタ達もすでに人工餌を競って食べるようになってくれています。

 2003/4/25、昨日夜遅くに出張から帰ってきて、今朝ひさしぶりに水槽を覗くとセラタがコショウまみれになっていた。こりゃーひどい…。まだ5匹ともどうにか生きてるけども…。4日前、出かける前にやや多めに塩とメチレンブルー加えといたのに、まだ薄かったか…。ああ、もうだめかもしれんな…。出張でなかったら、コショウが増える傾向があるならすぐに対処できたのに…と思っても後の祭りか。今はできるだけのことをする、ただそれだけ。

 2003/4/27、出張から帰ってきてすぐ後の当直明け、どうかな…と水槽を覗くとさらにコショウがひどくなってる!全身寄生虫まみれのセラタは見るに見れないほどだ。こんなときに限って仕事ですぐに対処できない状況が続くのは相性悪いんだろうか…。写真を撮るのも気が引けたし、こんな写真アップするのはどうかと思ったが載せました。かなり気まずいです。こんな飼育してるとこ人に見せるのは…。コショウ病は、発病経過日数的にスマラグが持ち込んだというよりは、4/9に別水槽で稼動させていたスポンジフィルターに付いていた可能性が高そうだ。4/9の水質変動も発症に関与するだろう。起てたばかりの水槽は不安定なのは十分承知していることなのだが。しっかり水槽準備してから導入しないといけないのもわかってるんだが…。しかしそれではセラタは手に入らなかっただろうしな。
 とりあえずさらに塩とメチレンブルー加えてみた。5匹ともとりあえずは餌には飛びついてくる元気はまだあるが、この寄生虫が成熟離脱して、鰓を含めて全身傷穴だらけになる時がそのうちやってくる。そこを乗り切れば、だが…。それにしても我が家のコショウ病にだんだん塩とメチレンブルーの効きが悪くなってきてるのは気のせいではないだろう。耐性がついてきてるんだろうな。

 2003/5/3、かなりの塩とメチレンの濃度の中で、どうにかセラタ達は5匹とも生きています。しかしやはり消耗が激しいのか、痩せてきています。餌はそれなりに食べてるんだが…。なので餌を脂肪率の高い人工餌中心に切り替えました。いったい何時になったらコショウが治ってくれるんだろう…。眼球表面にまでコショウがついてきていて、減少傾向はまだみられません。

 2003/5/6、やっとなんとなくコショウが減ってきた気がします。まだまだ付いてるけれども。見慣れてしまっただけでないことを祈ろう。もしかしたら1匹も死なずにに治ってくれるかもしれない…。それにしても、コショウ見つけてすぐに薬を投与したのに、減ってくるまで2週間以上要している。普通、薬が効けば1週間ほどで消えてくるから、薬が効いたというよりは、セラタに免疫が出来て来たから減ってきたのだろうか? それからセラタは潮の混じる下流域まで生息しているらしく、塩分濃度に比較的強かったのも助けになったのかもしれないな。

 2003/5/11、コショウ、ほとんど無くなってきました。わずかに尾鰭に付いている個体はまだいますが。痩せからもすこし回復してきています。ちょっと一安心できるところまできたかな。あと1〜2週間は塩水浴は続けるけど。換水時のメチレンは追加なしにしました。ふぅ。

 2003/5/13、コショウ、ほぼ無くなりました。しかし元気になってきたのはいいが、喧嘩が激しくなってきました。ガツガツ殴りあって(突き合って)います。まだ体力は完全には回復して無いだろうに、そんな傷つけ合って、怪我からエロモナスでも併発したらどうすんだ。頼むからやめてくれー。まあでも、あのコショウまみれからよく5匹とも生還したもんだ。並チョコグラよりちょっとだけ丈夫なのかな。あくまでちょっとだけやけど…。どうにか導入してから1ヶ月ちょっと経過しました。

 2003/9/19、ついにセラタが1匹死んでしまいました。原因はよく判らないのがよけいに不安です。ただ1匹だけ後ろに隠れがちで餌喰いが悪い個体がいたので多分その個体だろう。最近餌抜きの日が続いたり、高水温で食欲低下していたりしてたし。そういうことにしておきたい。これで導入してから半年弱、経過しました。もうそろそろ、スポンジフィルター揉み洗いしないといけない頃かもしれないが、触るのがちょっと恐い。

 2003/11/10、その後どうにか新たには死んでません。スポンジフィルターも2週間あけて1つずつもみ洗いしました。最近はひとまわり大きくなって少し発色してきた感じがします。そこかわりセラタ特有のクロスバンド模様が薄くなってきているかも。ちょっと鱗のざらざらした感じは一緒ですね。下あごの形から推測すると、メス?の鰭はやや大きくなり、パウダーグリーンの発色が出てきて、オス?の鰭は短いままで赤く発色してきている感じです。解剖してみないとわからないけど。たまにクルクルもしてるしちょっと期待しています。でも色彩は小ちょこの頃の方がかわいいかったかも…。

メス?

オス?

 2003/12/19、またセラタが1匹死んでしまいました。原因は判っています。水質悪化です。なんか藍藻がどんどん出てくるなあ、汚れたまってるんだろうな、水槽掃除しないとなと思っていた矢先のことだったので。ベアタンクなので水底には汚泥は溜まらないのだけれども、スポンジフィルター内の汚れは目に見えないだけに質がわるい…。またスポンジフィルターの裏で死んでいたため、発見が遅れすっかり腐敗しており解剖も無理だった。確認したかったんだけどな。これで残り3匹です。とりあえず少量、換水して、活性炭投入した。

 2004/1/20、その後少しずつ換水、掃除を行ってどうにか調子を取り戻してきました。やばかった…。3匹まで減ってしまったなと思ってたら、昨日某ショップからセラタが入荷しましたとの連絡があったのだ。なんてタイミング! でも買ってきて一緒にいれたら全滅する確率は非常に高いのでまた水槽起てないと無理な話。でもちょっと見るだけでも見に行こうかな…。

 2004/1/22、やっぱりセラタ覗きに行ってしまいました(汗)。というのも南バンジャルマシン産と産地付きだったのが激しく気になったからなのです。とりあえず目を肥やすだけでもということで…。で、とある阿倍野のShopに訪れ「こんにちは。」と言うと「いらっしゃいませ。セラタはそこの水槽ですよ。」との返事。この店にもすっかりチョコグラにハマってるのがばれてるな…、と思いつつ早速チェックする。うむむ。パッと見、かなり小さい。大きい固体で全長で2cmぐらいかな。状態はけっこう良い感じ。そして特筆すべきはそのクロスバンドの模様! クロスどころか++++ぐらいになってる。きれいな黄色に光るラインはかなり魅力的でした。我が家のセラタのクロスバンドが消えかけてるのもあってとても綺麗に見えました。これで幼魚、若魚、成魚のセラタを見れたわけだが、だんだん大きくなるにつれてクロスバンドが消えていって++++が++になりやがては-になっちゃうって感じです。はっきりいって幼魚時代の方が可愛いです。まあ並チョコグラもそうだけど…。
 まあとにかく水槽が開いてて家にセラタがいなかったらいっちゃってたかもしれません…。ただかなーりよい値段がついてました。数匹でRO浄水器買えそうないきおいでした…。

 2004/3/15、久々の日記です。その後もう1匹が死に、現在2匹になっています。ペアだったらいいのだけれどもなんだかどちらもオスのような感じ…。いつ死んだかも覚えて無いぐらいほったらかしにしてました。ちょっと導入した日を確認してみると4/3で、あともう少しで1年経過です。実はまだチョコグラ1年間飼育できたことがなかったのでちょっとドキドキものですが、これならどうにかなりそうですね。産卵の兆しも無く、餌も人工物ばっかりでしたけど。水質管理もかなりおおざっぱで種水も簡易浄水器通しただけの水でよく生き残ってくれたもんです。並みチョコグラよりは丈夫だといえるのではないでしょうか。まあ2/5匹ですけどね。もっと飼育に時間がとれたらいいのだけれどももうしばらくは仕事の関係上、無理そうです。はーぁ。

 2004/5/16、その後、特に変りは無いです。とりあえず飼育、1年間は過ぎました。1年って初めてだよな、維持できたの。並みチョコグラではまだできてないけど。今年の冬の繁殖目指してがんばります!

 2004/7/2、セラタがまた1尾、死にました。原因は水温が36℃なんて日が続いたことと、それによる水質悪化と思われました。

 2004/7/8、最後のセラタが死にました。水質が悪くなり、病気が出るともう全滅は免れないか…。結局1年3ヶ月の命でした。ふぅ。

次の日記   前の日記