2003/3/4、我が家に初めてオケラートゥスがやってきました。というのも昨日BBSで、は◯ねさんという方に、オケラ虹に入りましたよ、餌なんでもいけそうですよ、丈夫そうですよ、と煽られ、うーんちょっと見てみるだけとお店に行ってしまったからなのです。で、ちょっと見てみると、そこには結構調子よさそうで痩せもなくプリッとしたオケラが群れていたのでした。銀色にeye spotがなんともいえず光っていました。それに結構体格が2cm以上と大きめで、もしかしたら繁殖狙えちゃうかもしれない大きさでした。うっ、見てはいけないものを見てしまった…。ハメられた…。……「オケラ5匹ください。」やっぱり買ってしまいました。
 家に帰ると、嫁の一言。「何なの?、その見慣れた水色の袋は。」 ううっ。「は◯ねさんという人にハメられて買わされたんや、しかたなかってん、買わないわけにはいかんかってん。」と訳もわからない言い訳し(爆)、そそくさと水槽のある部屋へ移動しました。「ほんとに、もう。」と背中に言葉を浴びながら…。
 さあ、どこに入れよ。水槽ないし。とりあえず水質測定だな。虹さんとこはピート水だったよなぁ。PH測ると6.4。たしかオケラのこと載ってたよなとごそごそとミ◯マvol.3を引っ張り出す。あった、えーと、ミャンマー高地のインドジー湖、PH8、水温22℃、成魚は約4cm、オスメス差ははっきりしている、だと。並ちょこぐらとはえらい違いだ。ゆっくり何日かかけてPHあげていくか。とりあえずプラケ収容だな。それにしてもぜんぜんオスメスわからんけど…。アクロストマも最初はフナだったしそのうち変身してくるはず。がんばるでー。

 2003/3/5、事後報告になりましたが、は◯ねさんには笑ってゆるしていただけました。感謝感謝。

 2003/3/9、いまだに、プラケ暮らしです。足し水のみですこしずつ水量増やしていってます。わずかに色出てきたかな。eye spotが黒くなり、そののまわりに金色の輪っかが出てきました。体全体に金属色を出すらしいので楽しみです。餌も冷凍アカムシにはパクついていて一安心。水槽は30cmオ−ルガラス水槽買ってきたので今から立ち上げはじめました(爆)。写真汚いですねー、古いプラケのせいにしておきます。

 2003/3/16、やっとプラケ暮らしから開放されました。30cmガラス水槽に引っ越しです。濾過はまだぜんぜんできてないけど、濾過なしプラケでも元気そうだったし、並チョコグラよりはかなり丈夫そうなので大丈夫だろう。水合わせも適当に導入してしまいました。環境は

30cmオールガラス水槽、底床:硅砂ごく薄く、濾過:小スポンジフィルター、ライト:隣の60cm水槽の光、水:カルキ抜いただけ水道水、レイアウト:流木1本と素焼き植木鉢とウィ−ローモスたくさん

です。珍しく底床ひいてしまいました。一度、白っぽい底床を使ってみたかったんです。水質も弱酸性で無くて良いのもありましたし。Shopでたくさんの砂底床を比べてみましたが、A○Aのブ○イトサンドと、なんとかホワイトというオーストラリアの白砂と、硅砂の3つで悩みました。結局、A○Aは値段高い、ホワイトは細かすぎて掃除ができなさそうということで、硅砂に決定。良く見ると、ちょっと貝殻のかけらが混じっていて、PH8がよいオケラにもいいんではないでしょうか。と引っ越ししましたが、やっぱりいつもにまして警戒して前には出てきてくれず、体色も白っぽくなっています。底床、白いのもあるでしょうけど。体色はやっぱり底床が黒っぽいほうがいいかもしれないな。

 2003/3/18、やっぱりというか、必然というか、1匹が苦しそうに水面近くに浮いて喘いでいるところを見つけてしまいました。危険な導入をいいかげんにすれば、調子崩してもおかしくありません。とりあえずプラケに隔離しました。ほかの4匹は今の所、餌喰いもよく元気そうですが、心配です…。

 2003/3/19、残念ながら、隔離したオケラは死んでしまいました。例によって解剖してみると、死因は冷凍アカムシの消化不良が疑われました。そういえばShopの○ォ−チュンさんとこは、消化不良おこすから、冷凍アカムシは与えず、黒ボーフラを与えているっていってたよな。いままでそんなこと感じたことなかったので与えていたけど、ちょっと考えないといけないな。すくなくとも調子があまり良くない導入期だけでも控えたほうがいいかもしれない。でも嗜好性は抜群で餌付けには最適なんだけどなぁ。

 2003/3/25、その後、アカムシを貰えなくなりお腹を空かせた4匹のオケラ達は、顆粒状人工餌を食べるようになりました。ちょっと心配していた病気は出ず、元気にしております。それに水槽に少し馴れてきていて、私が近付くと「餌くれんのん?」てな感じで、水槽の前面を覗くようになりました。前面まではまだ出てきてくれませんが…。写真もようやくましなのが撮れるぐらいには、ずっと隠れっぱなしというわけではなくなってきました。

 2003/3/26、お決まりの睡眠時写真です。白飛びピンぼけですが…。だんだら模様になってます。それにしてもオケラは体色がよく変わります。まったく別の魚みたいに見えるぐらいです。発情すると眼状斑が消えてしまう程、まっ黒くなるらしいし、見飽きることありませんねー。

 2003/3/30、睡眠時写真、もう1枚。今度は熟睡中です。眠りの深さが違っても、色が違いますね。ピントはちょいましですか。

 2003/5/1、突然、1匹死んでしまいました。外観上は胸鰭と肛門部に出血斑があり、エロモナスと思われました。調子悪くなさそうだったのに…。とりあえず解剖してみました。詳しくはオケラータの解剖を見てみて下さい。またしても冷凍アカムシが原因だったかも…。小さいのなら大丈夫だろうと2日前ほどに冷凍アカムシを与えた後でした。与えるんじゃなかった…。エロモナスで弱っていたために結果的に消化不良を起こしたという考えもあるが。弱アルカリ性硬水に住む魚なのでもっと強いかと思ってたがそうでもないのか、それとも飼育が悪いのか? 解剖では卵巣が大きくなってきている状態で、栄養状態が悪い訳では無かったと思う。換水に直接、浄水器の水を注ぐようになったのでそのせいも考えられるな…。換水しすぎたんだろうか。最近、凹まされること、多いな…。

 2003/6/13、5日ほど家をあけて帰ってきて水槽を覗くと、オケラが2匹死んでいた。これで残り1匹になってしまった。腐敗していて解剖も無理そう…。最近、調子わるいままだなぁ。管理に手を抜いてる訳ではないんだけどな。追加導入は入荷が無いだろうし、繁殖はこれではもう狙えない。

 2003/9/28、最後のオケラが死にました。きっかけはマレーシア産クローキンググラミーに攻撃された傷からと思われました。最後は尾鰭がつつかれすぎたせいでほぼ無くなってました。単独飼いだったらもう少しは長生きできたかもしれません。約半年の命でした。ごめんなさい。

 2004/4/11、懲りずにx5再導入しました。なかなかプリっとして状態は悪く無いと思います。虹さんで買う時に「繁殖狙えそうですね。」なんてプレッシャーかけられました(汗)。とはいえあまり飼育に手間ひまかけれないのは変わらない。大阪の水道水にうまく慣れてくれればいいのだけれど…。

 2004/4/18、導入する水槽、無くて悩んでいたのだけれど、結局60cm水槽に導入しました。この水槽の藍藻処理にがんばってくれていたグリーンモーリー(ブラックモーリーの原種らしいが調べてみてもどこにも載ってない。まあとにかく藍藻はバクバク食ってくれる)は別のクリプト水槽の藍藻処理にまわってもらって、オケラに代わりに入ってもらいました。さすがに十分広いです。餌付けに苦労しそう…。プラケでは人工餌も口にしてくれてはいたけれど…。環境はと言うと、60cmガラス水槽、低床は川砂利中粒、アメリカンスプライトぎっしりと枯れかけハイグロたくさん、フィルターはプラ○ム20(シャワーパイプ)とプラ○ム30(底面吹き上げ)、ライト20Wx2、混泳はグリーンモーリー稚魚。

 2004/4/25、とりあえず5匹とも生きてます。ふう。餌付けもグリーンモーリー稚魚のおかげもあって人工餌食ってます。あとは維持だな。

 2004/5/16、水換えしてたら、オケラが1匹、黴びて死んでるのを発見(悲)。調子結構よさそうに思ってたのに…。これで残り4匹。水槽が大きいだけあって、スイスイ気持ちよさそうに結構なスピードで泳ぎまくってます。並みチョコグラよりはかなり活発な感じです。粉餌もばくばく食べてます。前に小さめの水槽で飼ってた時との印象が違いますね。喧嘩もけっこう激しくやってくれます。喧嘩で怪我して調子落としたのかなぁ。それから喧嘩中は体側の黒いスポットが白くなって消えてしまうようです。繁殖は解剖の所見からは、あれだけの大きな卵巣を持っていたにもかかわらず、卵の粒がかなり小さかったのでバブルの可能性が高いと思われる。マウスだったらもっと卵の粒がおおきいはず。リコリスっぽい繁殖と予測して、ちいさい植木鉢を水槽の中に入れてみました。ちょっとだけ楽しみに思えてきました。

 

 2004/6/3、オケラが怪しい行動を見せはじめました。1匹が小さな植木鉢に陣取って動こうとしません。他の魚が近づくと追い払おうとします。植木鉢は入り口を小さく作ったので、中が全く見えないのでとても気になります。もう産卵してるのかなぁ、だったらいいのにな。植木鉢は2つ入れたのですが、もう1つの中が覗ける方にはまったく近づく気配もありません。それにしても覗いてみたいなー。

 2004/6/13、怪しい行動を見せていたオケラが顎の部分を残して全身真っ黒にその体色を変えました。そしてますます神経質になってきた感じ。期待せずにはいられません。植木鉢の入り口を大きく広げたいのだが、触って刺激してよくあるわけないしなぁ。

 2004/7/23、突然ですがオケラが全滅しました。数日前から水温が連日、34〜36℃と凄まじい熱さで、混泳しているエンドラーズが死にはじめ、昨日にはエンドラーズほぼ全滅、オケラも4尾ともかなり具合が急に悪そうになり、今日、水槽を覗くとみんな死んでいました。あっという間でした。ちょっと前までかなり調子よさそうだったのに…。病気の伝染に弱いのはチョコグラ系の宿命か…。やはり単独種飼育すべきでした。わかってはいるんんだけどなぁ…。

Top pageにもどる