2003/1/26、クテノプス ノビリスを購入しました。Shopでうまれてはじめて生で見たノビリスは、チョコグラが細長く伸びた感じでした。ツイツィーという泳ぎ方もそっくり。うぅ、欲しいよぉ。よく入荷時の状態が悪いと聞くがそんなに悪そうに無いし。丁度、60cm水槽にセパレータ設置したとこだしそこにいれてしまおう!と2匹購入してしまったのでした。オスメスはまるで解りません。Shopでかなり比較観察してみましたがダメでした。全長5cmちょっとと小さいのもあるでしょうが。ペアだったらいいのにな。いちよう顎のラインが丸っぽいのと直線っぽいのを選びました。ノビリスはチョコグラの仲間ではなく、チョコグラ専門サイトにはおかしいですが見のがしてください。家に帰って適当に水合わせして導入。この60cm水槽は種水がカルキ抜いただけ水道水なのでPH7以上だろうけど大丈夫かな?やや扱い悪いです。みなさんはこんなことはやめましょう。

 2003/1/26、ノビリス、喧嘩が激しいです。小さい方がいじめで鰭がぼろぼろ、体色を白くして水槽の隅にななめに張り付いています。だめだこりゃ。しかたないのでセパレータの反対側に虐められている個体を移動する。

 2003/1/28、水質いまいちにもかかわらず調子よさそうになってきました。赤の発色がいい感じです。破れていた鰭ももう治っています。虐められていた個体もやや回復してきているようです。餌の冷凍アカムシも腹一杯食べてくれてます。

 2003/1/30、虐められていた個体はセパレータがあることをいいことに、フィンスプして反対側のノビリスを威嚇するようになりました。弱いクセに…。けれどもボロボロだった鰭はすごいスピードで治ってきてます。けっこう丈夫そうだな。

 2003/2/2、睡眠中に撮影してみました。体色を変えて鰭をひろげて水面近くに浮びながら眠ります。全体的に濃い茶色に染まって、ちょっとバイランティのオスに似てますね。飼えば飼う程チョコグラに似てるなあという印象です。ただ虚弱体質ではなさそうですが。

 2003/2/14、当直から帰ってきて水槽を覗くと、ノビがセパレ−タ−を飛び越えており、1匹が鰭がボロボロになっていた。隙間1cmほどなのに、よくやるよ。すぐにまた別居にしてあげました。2匹ともオスなのかなあ。

別居して安心したのか?おおあくび。実際にはもっと口は伸ばせます。けっこう口でかいです。

 2003/3/16、あいかわらず、セパレータ越しに睨みあっております。飽きずにずっとやってますね。セパレ−タを突っ突きすぎて、口先がすこし剥けてしまってます。並ベタでもこんなにはしないだろっていうレベルです。これじゃ一緒にできないよ。一緒にする時はもう何匹か導入して攻撃分散させないといけないだろうなあ。それから、すっかりスマラグ稚魚につられてか、顆粒状人工餌をばくばく食べるようになっていて、体がひとまわりほど大きくなってきた感じです。

 2003/6/14、久しぶりの日記です。2匹とも元気にしてました。なんとなく水槽の水が臭っているし、藍藻が増え出したので、やや大掛かりな掃除をしました。やっぱりかなり汚泥が溜ってました。その時、思い切ってセパレータ−をはずしました。予測通り大きいほうが小さいほうをいじめまくり、小さい方は水槽の隅にはりついています。うーん、このまましばらく様子見てみるか。

 2004/3/15、激しく久しぶりの日記です。1匹は飛び出しで、もう1匹はエロモナスでたしか死んでしまったと思います。もう随分前です。半年ぐらいは飼育できてたと思います。

Top pageにもどる