2004/4/11、虹さんに出かけてみました。ねらいはリネア。今年、入ってきてるのは知ってたのですがもう売り切れてるかな、まだ居てるかなと思いつつ店を覗きました。「こんちはー。」「状態よいですよ。」種類さえも聞いて無いのに…。いつもどうり状態の良さをじっくり確認するに、薬入りの水ではありましたが状態はかなりいい感じ。あんまり悩まずにx5お買い上げー。となりに居たオケラもついでにx5お買い上げー。やっちゃいました(汗)。しかしちっちゃいな。どれだけ長生きさせられるだろうか。とにかく、我が家に初めてリネアートゥスがやってきました。

 2004/4/12、水質を調べると、薬と塩がたっぷり入ってるのは間違い無い。取りあえず足し水だけで、家の水道水の水質に徐々に慣れていってもらうことにした。ひさしぶりに涌かせたブラインの喰いは良好だ。最初だけちょっといい餌与えて体力つけとかないと!

 2004/4/18、導入する水槽、無くて悩んでいたのだけれど、結局少し大きめのプラケに移動となりました(爆)。環境はと言うと、40cm変形プラケ、低床は荒木田土、ウィーローモスとナヤスとサンショウモがぎっしり、フィルターやエアレーションはなし、ライトなし、混泳はミナミヌマエビ稚蝦。というか去年の秋ぐらい?にミジンコ沸かそうとして失敗したまま窓際にほったらかしにしてたプラケです、はい。でも半年ほど換水してなくても水は澄んでるんだよな。立ち上げはばっちりのはず。念入りに水合わせして導入しましたが、うまくいくでしょうか。とりあえず導入したはいいものの、水草がぎっしり入りすぎてどこにいるかがわからない、よって観察できない(爆)。

 2004/4/25、リネア早速1匹死んでました。ミナミヌマエビが久々のタンパク質に喜んでました。原因はいろいろあるでしょう。一番よくなかったのは昨日から今日の冷え込みで水温が20度を切ったこと。最近25度ぐらいあるからヒーター無しでいいか、なんてことしてたらこのありさま。ほんとごめんなさい。あとは水あたりなのかもしれない。導入したとこだからね。幸い後の4匹はまだ生きてます。低温には比較的強いのかも(汗)。とりあえずシートヒーターを底面に貼り付けました。

 2004/5/16、リネア水槽はここしばらく餌も粉餌を掘り込むだけで食べてるのさえ確認してなかった…。ひさしぶりに餌やってからしばらく待ってると、モスの森からリネア達が出てきて餌をついばんでいるのが確認できた。じっくり覗いてみると、どうやら3匹は生き残っているらしい。体側の線もくっきりしていてまあまあの調子みたいだ。でももう1匹はどうなったんだろうか…。まあ、こんな感じです。ブライン無くても飢えれてれば粉餌でもいけるみたいです(爆)。それからどーでもいいことですが、リネアの正面から見た顔って、ちょっとアベニーパファっぽいと思いませんか?大きさとか目玉をクリクリ動かす仕種も似てますねぇ。


 2004/5/30、リネアが変化を見せました。1尾が黄色い体に頭だけ黒い体色になりました。keiさんとこのサイトでオスが発情するとこのような色に変身するということを知ってはいたのですが、これだけすっかり色がかわるもんなんですねぇ。とはいえ餌の時間以外どこにいるかわからない水槽ですので、もし産卵してもわからんだろうな…。とりあえず手前のよくみえる当たりに小さな植木鉢をしずめてみましたが、うまいことこの場所で繁殖行動を見せてくれたりはしてくれないとは思う。こっそりでもいいから殖えちゃってほしいな!

 

 2004/6/3、ついにリネアが産卵したようです! 産卵行動は見れなかったものの、見やすい場所に配置した植木鉢に設巣してくれました。甲斐甲斐しく卵の世話をするオスの姿が健気です。写真のフラッシュが原因で食卵しないか心配ではありますが…。卵は白い半透明であり、まだ産卵してからは1日も経っていないようです。カビずに孵化してくれたらいいのですが…。


 

 2004/6/7、孵化しました! というか昨日まで食卵したとばかり思ってたんですが…。植木鉢の見えない端に卵を移動させてただけなのか、食卵後あらたに産卵したのか、不明です(汗)。でも産卵からこの稚魚のぶら下がりまで予測4日間かかっており、後者の可能性が高いかも、水温28℃はあるし。卵黄嚢はほとんどなさそうですが、もともと小さいのかすでに吸収されたのかはわかりません。もっとしっかり観察しとけよな、俺。稚魚の大きさはスマラグやインベリスよりはかなり大きいです。4mmほどはあるでしょうか? すでにその体には黒い斑点が見られます。10尾弱は居てる様です。さしあたっての問題は今日から私が3日間、出張ってことでしょうか…。餌やりを悩んだ末に嫁に頼んでみるも、私、実家に帰ってるしという返事。生き残ってくれるでしょうか。

 2004/6/13、孵化までは4日間かかるというのは、ケイさんによるとまちがいなさそうと御指摘受けました。ありがとうございました。しかし稚魚達はまったくその後確認できません(悲)。成魚達を隔離できてたらまず安心できるのだが混泳だからもう食べられてしまったかもしれない…。ちょうどタイミング悪く出張が入らなかったらなぁととりあえず言い訳しておきます。水槽の感じは上の写真のままです。モスぎっしり。生き残ってくれてたらいいのですが…。飼育環境は以下のとうりです。

水質  PH 7.3   GH 3〜4dH 導電率 260μS  水温28℃  換水無し足し水のみ 
餌  オ○ガワンとテ○ラ金魚のフレーク餌を砕いたのとテ○ラミンベビーと脱殻アルテミア卵と乾燥アカムシの粉のブレンド
40cm変形プラケ 小植木鉢1ケ
低床  荒木田土を薄く
水草  ウィーローモスとナヤスとサンショウモがぎっしり
フィルターやエアレーションはなし、ライトなし(出窓の自然光)
混泳  ミナミヌマエビ

 2004/6/27、稚魚はその後、全く確認できません(悲)。しかしながら今日新たにまた設巣して産卵していることが確認できました(喜)。オスメスがはっきり判らないこと、3尾いることから同じペアが産卵したかはよくわかりません。少なくとも産卵後、卵を世話するのは1尾だけです。解剖所見からはかなり沢山の卵をメスは持っていたので、3週間周期ぐらいで何度も産卵する可能性が高いと推測します。最初の産卵数はそんなに多く無かったですし。リコリスみたいな感じなんでしょうか。とりあえず孵化するまで親に卵の世話をしてもらって、ぶら下がったら今度は隔離してみたいと思います。

 2004/7/2、帰宅して水槽を覗くと稚魚のぶら下がりを発見。というか一部はもう巣を離れはじめて数が少なくなっていた。すぐに隔離しなければ。植木鉢をそっと持ち上げ、ひっくり返してみると1尾も残って無い。まじで! あわてて目をこらすとボウフラのような稚魚がぴょーん、ぴょーんとゆっくり跳ねるように水面に数尾上っていくところが見えた。どうやら巣を離れるといったん水面に向かうようだ。適当にコップで水面近くの水をすくうと、いたいた、稚魚が入ってきた。何度かすくってなんとか7尾の稚魚を確保した。残りは?です。早速写真撮影してみた。全長は3〜4mmで、卵黄嚢はほとんど無い。口がまだ無さそうに見えるのだが大丈夫だろうか。この地点で稚魚はまず泳ぐことをせず、水面にぶら下がるか(左写真)、壁面に背中で!?ひっついているか(右写真)のどちらかです。たぶん前回に生まれた稚魚達はこの段階でミナミヌマエビに食べられてしまったんだろうな。水平に泳ぎ出すのはまだかかりそうです。また、稚魚を守っていた親は植木鉢がもともとあったあたりでうろうろ所在なさげにしています。まあちょっと世話させてみてよ。とりあえず同じ水で、浮き草とモスと底床の一部をすこし掘り込んで様子をみてみます。

 2004/7/4、まだ横に泳ぎだしてはいないのだが、とりあえずブラインを与えてみた。しかし反応は無いに等しい。飛びつく様子はまったくない。ブラインは大きすぎるんだろうか。それともまだ時期がはやいのか? しかしすでに7尾の確認ができない。大丈夫だろうか?

 2004/7/6、稚魚が確認できない。たぶん飢え死にしてしまったのだろう。並ベタの稚魚と比較してかなり弱い印象だ。少数しか一度には採れないし、私の技量ではかなり育成は難しそうだ。ブラインも食べた形跡がなかったし、インフゾリアが必要だろう。うーん、腑甲斐無い私だ。

 2004/11/9、稚魚が泳いでいるのを発見しました。知らぬ間に大きくなってました。オスがときどき黄色になってるのは確認していたのですが産卵していたんですね(汗)。全長8mmぐらいになってました。水草たんまりでどこにいるかわからない環境が功をそうしたようです。じろじろ覗いたかんじでは3匹は生き残っているようです。ペアで残ってくれたらうれしいのだけれど。さあ、ブラインわかさないとね。

 2004/11/28、稚魚はブライン与えるようになって(2日に1回ほどですが…)また少し大きくなって1cmぐらいになってきました。姿形も親に似てきました。ちょっと探すと3匹はすぐに見つかったのでもしかしたらもう少し数がいるかも! ウィーローモスの太さと較べるとまだまだ小さいですね。プラケなので写真が汚いです(汗)。

 2004/12/31、今年も最後です。リネアの稚魚は結局4匹は居ました。さらにひとまわり大きくなって、親よりひとまわり小さいぐらいにまでなりました。餌不足で育ってこのぐらいなので、自然下ではだいたい半年ぐらいでほぼ親ぐらいには育つのではないでしょうか? 水槽はあいかわらず換水無し足し水のみで経過しております。そこそこには粉餌やブラインを与えているのですが、水の調子はかなりよさそうなままです。爆殖しているナヤスのおかげでしょうね。それにしてもけっこうねばったのですがきれいな写真が撮れません(悲)。

 2005/10/22、現在2尾のリネアが生き残っています。1年6ヶ月飼育できたことになります。大きさはほぼ2cmぐらいです。2代目の繁殖は経験できてません。残ったのがオスオスかメスメスなのかもしれませんが。オスメス差はぜんぜん判りません。また、まったく飼育環境はかわってません。ちなみに未だに換水なし。2003年の秋に立ち上げてから換水無しです!2年ついに経過してしまいました。ミナミヌマエビは順調に世代交代しています。換水無しとはいえ、増え過ぎたウィーローモスとナヤスとサンショウモを捨てることはしてますよ。

 2005/1/3、現在リネアは1尾しか残ってません。もともとの親なのか、子供なのかはわかりませんが時々黄色になってるのでオスみたいです。仕事が落ち着いて時間ができたら、追加導入したいと思います。

Top pageにもどる