2002/11/28、ついにスファ属4種のうち、飼育した(購入したかな)ことなかった最後の種、アクロストマを導入しました。ちょっと前に狙ってShopに行った時は売り切れでなんか悔しかったので、追加入荷の知らせ後、すぐにShopに行ってしまったのでした。水槽、空いて無いのに…。店先の衣装ケース?に入っている状態よさそうなアクロを見ると、そのまま帰るなんてことはできませんでした…。1ペアをマスターに選んでもらってから、プラケで確認する。オスと思われる個体には側線部に白いラインが入り、顎には赤いラインと頬袋があった。メスと思われる個体にはその所見は無かった。まあ、発色してないので決め手は頬袋かな。まずペアは間違いなさそうだ。選別、任せて正解でした。
 持って帰って、さっそく水合わせする。それにしても見た目、鮒そっくりだなあ。鰓蓋の赤いラインがなければ、間違っちゃうかも(嘘)。でも腹鰭フィラメントは他のスファ属より、長く伸びて優雅な感じがします。気掛かりは、水槽がやっぱりなくてチョコグラとの混泳になったこと。エロモが恐いよ。

オスメス

 2002/12/1、今のところ元気です。ところでアクロは他のスファ属3種と比較してかなり性質が違う感じがしますね。まず、泳ぎ方が違う。チョコグラの水中を滑空するがごとくツィツィーと滑る優雅な泳ぎ(誉め過ぎ?)ではなくて、ピッピッ!ときびきび泳ぎます。それに後進もピッとできます。なんかスファ属っぽくないなあ。どちらかというとトリコガスタ属系でしょうか。
 それから体色に変化が出てきました。フナオとフナコだったのに、ちょっと色が出てきました。フナオは側線の下にそって黒い線が出て全体的にダークグリーンを帯びてきました(写真じゃわからんけど)。フナコは肛門より尾側の腹部と尻鰭付着部に黒い発色が出てきました。このフナコの発色ってもしかして…。お腹も膨れてる感じがするし。ぐふふふ。期待させやがるな。

オス

メスメス

 2002/12/6、当直から帰ってきてチョコグラ水槽を覗くと、アクロのオスが死んでいた。エロモナスと思われた。すぐに遺体を取り出し解剖をおこなった。遺体はすでに腐敗し、水を汚染していた。混泳するんじゃなかった…。

 2002/12/11、アクロのメスはその後元気にしている。もしかしたら発情色かもと思われる発色も続いている。新水槽を増設できたら、新たなオスを探すんだけどなあ。

 2003/1/13、アクロのメスはまだ生きてます。デジカメを新しくしたので記念撮影してみました。写りましになったでしょ。それにしてもアクロの追加入荷こないなあ。

メス

 2003/1/26、アクロのペアを追加導入しました。水槽がもうかなり手狭になってるし、追加導入は危険なのもわかってるのに、調子よさそうなペアが泳いでるのを見ると我慢できませんでした。水槽も結局増やせずにいて、姑息に60cm水槽にセパレータを設置したものの、できたスペースにはノビリスが泳いでたりしてぜんぜん環境の改善ができてない。またしばらくして泣いてるかも。

オス

 2003/1/27、アクロのペアを追加導入して1日しかたってないのに、前から居たメスは色目気だって、お腹の黒い発色はかなり濃くなり、鰭もピンクに染まりました。オスも側線に沿ってくっきり黒い線が出ています。やっぱ男がいると女の化粧の気合いの入り具合はぜんぜん違いますねー。たのむから小チョコ採れるまで死なないでくれ。

 2003/2/15、アクロのペアの色がだいぶ乗ってきたと思われ、また明日は天気が雨で気圧変化がみこめるため、多め換水、水温2℃上げ、ハンノキの実エキス投入と産卵誘発かけてみました。どうかなー?

オス

メス

 2003/2/15、やっぱダメでした。ところでアクロの廻ってる所って見たことないよな。同じようにダンスするんだろうか?

 2003/5/22、水槽の調子が悪くなり、メスが1匹死んで、1ペアになってしまった。今では発情色も見られない。

 2004/3/15、もう1年近く日記書いてませんでした。いつ死んだのかもわかりません。こんなではだめだな。

 2004/8/14、お出かけの帰り、無理矢理家族をひきつれShopによりみちしてみると、そこには並チョコとアクロの姿があった。並チョコは調子ダメダメだったので惹かれなかったが、アクロの方は調子バッチリでオスの側線もメスの腹部メラニンもどちらの発色も良好であった。それにお値段がなんと1匹380円。これは買うしかないでしょう!? というかえらく安くなったもんだ。調子のよさから推測するにかなりの間、売れ残ってたのではないだろうか。ぱっと見、鮒だしねー。ピンク色になったメスの姿を知らなかったらなかなか手をださんだろう。で、「居るだけください!」という言葉をぐっとがまんして「2ペアください!」とした。すると店員は「ぺ、ペアですか……。」と目が泳いでいる。こりゃ雄雌判ってないな…。とりあえず2ペア掬ってもらうと、とりあえずは正解でした(笑)。しかしついでに「ウォータースプライトもください。」とたのんだら出てきたのはウォーターウィステリア。「違うって!」とは言わずに黙って受け取りました(笑)。黙ってるのは良いのか悪いのかもよくわからんが…。とりあえずウォーターウィステリアのほうが株の調子は良さそうだったのでまあよしとした。値段は残念ながら一緒でした(爆)。そして家に持ち帰り、Shopの水質を測ると、予想に反してPH5.7、GH0-1、TDS230μSであった。うーん、それなりにいい水質だぁ。というのはクリアウォーターだったのでカルキ抜いただけかと思ってたのです。やはり調子があれだけいいってことはなにか手を加えているんだな。我が家は弱酸性の水が入っている水槽は現在は存在しない。低くてPH7.2ぐらいかな。やばいなー。まあ、ゆっくり水合わせするしかないか…。

 2004/8/15、とりあえず30cmキューブ水槽に導入しました。目に見える水あたりはなさそうです。餌もいきなり人工餌喰ってます。

 2004/9/5、その後も32℃の水温にもかかわらず、とりあえずは元気そうです。ただ、発色はいまいちですねぇ。ハンノキの実x3個入れてみた。新規導入したRO水を少し加えてみた。

 2004/11/28、その後もとりあえずは4匹とも元気そうです。やっぱりめんどくさくってその後はあまりRO水を入れてません。こんなではだめだな。そろそろ弱酸性軟水にしないと!(爆)。

 2005/10/22、ほぼ1年ぶりの日記です。現在1ペアのアクロは生き残っています。あとの2尾は何時死んだか記憶にありません。日記を読み返してみるに、1年2ヶ月飼育できてますね。とはいえ産卵は一度もなし。発情色も時々出てるのですがだめです。たぶん餌が原因でしょう。人工物しかあげてないですし。水はROを導入してからは、TDS100未満ですし悪くはないと思います。水槽も移動無しで30cmキューブのままです。水槽丸洗いは一度もして無いですね、記憶にある限り。

 2006/1/3、アクロのペアは年越しできました。もうちょっと餌とか工夫してあげれたらなと思うんですけど。

Top pageにもどる