2005/5/19、ひさびさに咥卵してくれました。餌は乾燥物ばっかりだったので、やはりRO導入が功を奏したのではないでしょうか。まあでも稚魚を吐き出してくれるかは別次元の問題ですけども。

飼育水槽data

・水槽:60cmレギュラー
・照明:蛍光灯20W x 2
・濾過:プライム10とプライム20併用
・濾過材:基本的なリング素材とウール 
・添加物:水槽内に袋入り長繊維ピート
・二酸化炭素:添加無し
・餌:人工飼料、時々乾燥赤虫、乾燥みじんこ
・低床:なし。ベアタンク
・水温:27℃くらい。ヒーターは24℃設定。
・PH:6.5 
・GH: 0〜1 
・TDK(伝導率):60μs
・生体:チョコグラ5匹(6ヶ月飼育)、ゴールデンハニーグラミー2匹、南沼海老3匹ぐらい、レッドラムズホーン5匹ぐらい
・植物:
スパティフィラム2株、オオサンショウモ沢山、ウォーターウィステリア少々、藍藻沢山

 2005/5/26、どうにか1週間経過しました。こうなってくると否応無しに期待せずにはいられません(爆)。水面近くに浮き上がって漂いながら、時々空気を飲み込んでモグモグして卵に酸素を送り届けている姿はがんばってますって感じです。また、餌は咥卵してからもずっといつもどうりに与えているので、その度にほかのみんながバクバク餌を食べてる近くでうろうろする姿は嘆かわしくもあります。とにかくがんばれ!!

 2005/5/29、10日経過しました。ふくれたほっぺたの中に透けて見えていた乳白色の卵はもう孵化しているみたいで、白黒の稚魚がわずかに透けて見えてきました。写真からわかるでしょうか。もうむりやり吐かせてもよさそう、いやいやもうちょっと様子を見よう。

 2005/6/1、13日経過しました。明日で2週間です。とはいえ咥卵を発見した日が1日目とは限らないのでだいたいになりますが。もうそろそろ吐き出すのではと思い、オス親をプラケに隔離することにしました。夜にねぼけて浮かんでいるところを狙って、さっと掬って移すと、その刺激もあってか、ぷぷっと稚魚を吐き出し始めました。

吐き出し後1日目

 一旦吐き出しはじめると、30秒ごとぐらいでにぷぷっと1〜2匹を吐き出していきました。おおーー、とうとうみちゃったよーー。吐き出された稚魚は親魚のそれと同じく、ついぃーーと滑るように泳いでいきます。思えばチョコグラ飼育を始めてから5年の月日が流れておりました。ああ、感無量…。あきらめなくてよかった。どんどん吐き出していくと、口の中の空間が広がって、口の中でぐるぐる回っているまだ咥えられている稚魚の姿が透けて見えました。かなり激しく撹拌されているので大丈夫だろうかと心配でした。やがて最後の稚魚を吐き出したらしく口の中に稚魚がいなくなったのが確認できたので、すぐに親ちょこは取り出して元の水槽に帰ってもらいました。ほんとにごくろうさま。適当に稚魚を数えてみるとぜんぶで25匹ぐらいでしょうか。浮き草をたくさん入れといたのでよくわかりません。がんばって育てるぞ!!

 2005/6/2、どうもブラインの喰いがよくありません。あまり餌を追い掛けて食べるということはせず、どちらかというと目の前にたまたまやってきたブラインを食べるといった程度です。また食べて無さそうな固体もいます。ちょっと稚魚吐き出しが早かったのかな?それともこんなもんなんだろか?マウスブリード系はベタシンプレックスしか稚魚飼育したことないが、吐き出されてすぐにすごい勢いでブライン喰ってたけど、チョコグラは違うんだろうか。ブラインも今の水質ではすぐ死んでしまうし、残餌も多いし、やはり毎日換水しないといけないな、ふう。

腹がブライン色になれば一安心 

 2005/6/5、結局全部で28匹いた子チョコたちはとりあえず1匹も落ちずにがんばってくれています。そして稚魚たちがブラインをだいぶ食べるようになってきました。最初にブラインの食いが悪かったのは、やはり吐き出しがちょっと早かったんでしょうか? 餌食いに個体によって差はあって、お腹がオレンジ色に大きく膨らんでいる個体もあるが、お腹にオレンジ色が確認できない個体もいます。餌食いの悪い個体は将来的に落ちてしまうかもしれません…。とりあえず、ブライン浸けにして、毎日換水して様子を見ていくしかありません。

吐き出し後5日目

 ブライン与えるときは水深5mmぐらいにして与えています。目の前に餌が動いてないと食べてくれないからです。1日2回朝晩、前回の餌の残りを除去しつつ約9割の水を抜いてから、ブラインを与え、点滴法でゆっくり親水槽の水を足す方法で落ち着きました。All about japanの長谷川さんの方法を参考にしています。

 2005/6/6、ついに1匹落ちてしまいました。餌喰いの悪い固体だと思うのですが。残り27匹。

 2005/6/10、とりあえず27匹は元気にしてます。しかし、今日は当直。断腸の思いで小ちょこ達を家に残してきました。ブラインをたくさんあげたまま2日も放置すれば残餌が腐って全滅する可能性は高いとおもわれ、かといって何日も餌を抜くことは稚魚にとっては致命的です。嫁に生きブライン与えるのを頼むのは不可能そうだし…。考えぬいた末、朝に出かける寸前に少しだけブライン投入して、残餌はレッドラムズに食べてもらって水が腐らないようにして、濾過と微生物目的で浮き草たっぷり入れて、水深も深めにして水量をそれなりに増やしてきました。がんばって生き残ってくれい!

吐き出し後10日目

 2005/6/12、吐き出し後11日経ちました。当直時は幸い1匹も死ななかったようです。あるいはレッドラムズが遺体をあとかたもなく食べたかですが。なんせ数えなおしてない(爆)。遺体は見つけてないだけ。とりあえず日に日に大きく育ってきてくれています。吐き出し時は全長4-5mmで、現在は体長5-6mm,全長7-8mmぐらいでしょうか。体の中央と尾ひれの付け根のブラックスポット(幼魚斑)がかなりはっきりしてきています。体高もすこしずつでてきてチョコグラっぽさが出てきました。餌のブラインも食べ残しが目に見えて少なくなってきています。スネールのおかげもありますが。ちょっと1度にブライン湧かす量を増やさないといけないな。
 Malaysian Freshwater Fisheries Reserch Center(FFRC)のチョコグラ養殖レポートでは、孵化後2か月で2.6cmの長さおよび約2.5gの重量に到達し、長さが3.0-3.5cmになる3か月で出荷することができる、孵化から出荷まで平均50%最大74%が生き残る、なのでこのへんが育成目標となるでしょう。

吐き出し後15日目

 2005/6/16、吐き出し後15日経過しました。稚魚の体長は7-8mm、全長は9-10mmほどになりました。体型もかなり親に似てきましたね。食欲旺盛で多めに湧かせたつもりのブラインがあっという間に食べ尽くされてしまいます。ブライン食い尽くした後、物欲しそうにプラケの底をつついたりしてるので、しかたなく人工餌の粉や乾燥アカムシの粉(餌入れの底に溜まってるやつ)も与えてみましたが食べてくれません。困ったやつらだ。体の大きさに比べて眼球の大きさが大きくなってきてる感じがするので、ちょっと餌不足なんだろう。餌が1日2回でたまに絶食ありではかわいそうだがしかたない。これ以上、世話に手間暇かけれないし、辛いところです。明日も当直です(泣)。

 2005/6/19、今まで27匹は元気にしていたが、1匹だけ成長が遅れていた。その個体の泳ぎにかなりふらつきが出てきたので隔離をおこなった。とはいえ事実上の切り捨てだが…。他の26匹はそれほど成長差もなくいい感じであることもあり、もしその個体が発病でもされて伝染されたらを考えると、早め早めの対応をとらなければならない。

 2005/6/25、換水を注射器を使ってやっている最中に、小ちょこをうっかり吸い込んでしまった。当然のごとくあわれ小ちょこは即死。すまん、ゆるして。ほんと気をつけねば。残り25匹。

 2005/6/26、突然ですが本日、引っ越ししました(私がです)。当然のごとく、引っ越し屋は水槽は運べませんとのこと。準備してねぇーー。やべぇーよ。

 2005/6/27、1日遅れで、一部分だけ水槽運びました。チョコグラ親水槽と小ちょこプラケのみ。というか待てなかったので夜に無理矢理に。新居に移動させないと、小ちょこ達に餌も与えられないし、水換えもできないし。換水の種水は親水槽の水なのでチョコグラ親水槽も同時に運ばないといけないし。残りの水槽も旧宅に置きっぱなしにはできんし、また夜中に運ばんといかんな(苦)。

 2005/6/28、吐き出し後27日経過しました。ブライン湧かせられなかったので、小ちょこに粉餌あげてみたら食べた。腹へったら食べれるのね君たちは。最初っから喰えっちゅうねん。

吐き出し後28日目

 2005/6/29、引っ越しして初めて写真撮影しました。2週間近く撮影できてませんでした(汗)。拡大鏡からはみ出すぐらいに大きくなってきてます。ケラれが醜いです。もうこのレンズは使えないな。稚魚の体長は9-10mm、全長は11-12mmほどになりました。引っ越しのストレスに耐えて25匹は元気にしております。

 2005/7/2、朝、プラケを覗くと小ちょこ達の1/3ほどがひっくり返って死にかけていました。いったいなにが!!餌やりも換水もさぼってないし、なぜ!! 考えるにいつもとの違いは温度だ。室温を見るとなんと22℃。昨日からの大雨で一気に気温が下がったのだ。昨日まで28℃ほどあったから6℃も一気に下がったことになる。これだ!水温計もヒーターもプラケには入れて無かったのがいけなかった。すぐにシートヒーターをプラケの下に曵いてゆっくり温めた。効果抜群で30分ほどであんなにピヨついていた小ちょこ達が元気に泳ぐようになった。はぁーーやばかった…。引っ越し時にヒーター類はすべて撤去したのだが、7月でもこんな日があるんやな…。後遺症が出ないか心配…。
 それから旧居に残してきた他の水槽をやっと今日に回収できました。1週間程、餌無しフィルターなしライトなし(ブレーカー落ちてるので)で耐えてやっとこさ新居に引っ越しです。これで明日は腰痛だな(爆)。

新居概観

 2005/7/3、凍死?しかけた25匹はとりあえず元気にしています。それからちょっと新居の片付けも落ち着いてきたので、新しい飼育設備を紹介します。取りあえず魚関連スペースが格段に拡がり、ラックが1個から2個に増え、隣のトイレで精製されたRO水が壁をぶち抜いたチューブを介して種水タンクにたまるようになり、冷蔵庫が傍に完備されました(爆)。部屋の一角(半分近く?)は完全に魚関連に占拠されております。あとは廃水設備が部屋の中に欲しいんだぁ!!ヤバい道まっしぐらにつきすすんでおります(大爆)。腰もやっぱり痛い(悲)。

 2005/7/12、親水槽で濾過細菌を繁殖させておいたスポンジフィルターをつかって、30cm水槽に引っ越ししました。プラケが狭いせいで最近、稚魚達の成長が遅くなってきた気がすることと、毎日換水に疲れてきたことが切っ掛けです。かなり水槽サイズアップして小ちょこ達もなんだかうれしそう? それにいままで水底が白かったので体色が白っぽくなっていたのですが、この水槽に移したとたんチョコグラらしくチョコレート色になっていい感じです。

吐き出し後46日目

 2005/7/16、久々の撮影です。稚魚の体長は10-12mm、全長は13-15mmほどになりました。ちょっと成長差が出てきています。上の写真の固体は小さい方に入ります。人工餌を食べる固体と食べない固体の違いだと思います。ほとんど親の体色といっしょになりました。しかし育成目標の孵化後2か月で2.6cmは到底無理そうになってきました。育成技術の問題なんだろうなぁ。

 2005/8/3、子チョコが1匹死んでいた。餌食いの悪かったやつかな?

 2005/8/4、子チョコがさらに1匹死亡。ん?なんでだろう?そんな調子悪そうでもないのに。

 2005/8/6、やばい! なんか泳ぎ方が変な子チョコが5匹もいる。明らかにエロモナスの症状だ!!死んでいる個体は居ないが、すぐさま隔離を行った。おまけに他の個体達もなんだか鰭をたたみがちで痩せていて調子悪そうだ。原因は? そういえば最近換水していない。以前は毎日2回の換水だったが、フィルターつけてからは適当にしていた。導電率を測ると110μS。ずっと50-60μSぐらいだったから水質悪化のせいか? でも110μSっていったら大阪水道水ぐらいやで。それにブラインの塩水がちょっと混じっての110μSやで。水質悪化といえるレベルなんか? とりあえず点滴法で1/3換水施行した。

 2005/8/7、さらに3匹泳ぎ方がへんな個体を見つけ、すぐさま隔離。このまま全滅かもという確率の高い予想が浮かんでは、いやそんなことはないと自分に言い聞かす。連日の点滴法1/3換水施行。

 2005/8/14、その後わずかでも怪しいかと思われた個体をすぐに隔離することを断行し続け、さらに連日のRO水換水が効いたのか、あらたに調子を崩す個体がでなくなった。全体的に調子が上がってきて、鰭の拡がりや体色や餌食いもよくなってきた。どうにかおちついたか…。ふぅ、ほんとやばかったな。現在生き残っているのは11匹。ずいぶんと減ってしまった。さすがチョコグラ、ちょっとした手抜きに残酷にリバウンドしてくる…。体長16mm全長20mm程度。

 2005/8/21、とりあえず11匹は生き延びている。調子も悪くない。ブラインを減らして人工餌中心に切り替えつつある。

 2005/8/28、残り11匹でどうにか落ち着いたようだ、ふう。餌喰いも良くなって、痩せも無くなりつつあるし。ほんとこわいねぇ…、チョコグラ飼育って。ところでもうすっかり人工餌のみに切り替えました。というか7月からの新しい職場が忙しすぎてあまり手をかけれない…(悲)。体長18mm全長22mm程度。

 2005/10/15、ひさびさの更新です。スネールが死んでるのを1日放置してたら、水質悪化で小ちょこも1匹死にかけていた。あわてて隔離し換水を行った。ふー、やっべーよ。これで残り10匹か。現在体長20mm全長25mm程度。だいぶ大きくなってきたとはいえかなり成長は遅い方なんだろな。ほぼ人工餌それもフレークフードのみだし、仕事の都合で餌抜きの日もしばしばだから、といいわけしておこう。

 2005/12/26、子ちょこ達が全滅しました。残念です…。たまにポロポロと落ちていってたのですが、そのまま放置して(弱った固体を見つけたらすぐさま隔離はしてましたが…)ました。ある日、小ちょこ達の食欲が急に落ちて、あれおかしいな?と思った次の日には地獄絵図のような水槽になってました…。弱った子達を掬いだしてるときに、フィルターの影で腐って蕩けている小ちょこを発見し、これが原因だったか…と。連日の換水も空しく、毎日死者が出て、結局3日程かけて全滅しました…。病気に弱いのは自家繁殖物でも変わりませんね。7ヶ月ほどの命となってしまいました。ごめんね小ちょこ達。
 親チョコ達は今の所元気にしています。こちらは飼育暦がはじめて1年を越えました。寿命は5年ほどあるはずなのでがんばって維持していきたいと思います。再度繁殖にもチャレンジしたいです。

次の日記  前の日記