ちょこぐらの病気

 原則として病気はまず予防からです。いかに病気の発生しない飼育環境を維持するかということが一番大事です。特に体力の無いちょこぐらにとっていったん発病するとほとんどは致命的となります。そしてほとんどの場合、水槽にいるすべてのちょこぐらに伝染し全滅します。また、早期発見早期治療しないとまず助かりません。また、ちょこぐらはShopで売られている時にすでに病気にかかっていることが多々あります。これは購入を控えるほうがよいです。まず死にます。

 ちょこぐらによく見られる病気とその治療法について一部ですが次に挙げます。これらでちょこぐらの病気のうち、7割ぐらいはカバーできると思います。これを見て一匹でもちょこぐらが助かってくれれば、うれしいです。

 まず病魚は早急に隔離してください。他の魚に少しでも伝染する可能性を下げるためです。その上で薬剤投与は行ってください。病気の第一の原因は飼育環境が悪いことです。メインの水槽に薬剤を投与すると濾過細菌に少なからず影響がでて、さらに飼育環境の悪化を引き起こします。これでは治療するどころか、病気をさらに出やすくしているようなものです。当然、病魚を隔離後、メイン水槽の飼育環境を改善することは必須となります。

 また、塩や薬の投与は、一旦別の容器で溶解し薄めた後に点滴法でゆっくり加えます。直接、水槽に薬を加えることは急激な水質変化をおこし、ただでさえ弱っているところにトドメをさすことになりかねません。病気の時にはいつも以上に水質の急激な変化を与えないように気を遣う必要があります。

 ちょこぐらの寿命ですが、飼育報告例で少なくとも4年は生きることが判っています。これをよく理解し、寿命をまっとうできるよう飼育してあげたいものです。

PHショック(水あたり)

 これは病気ではありませんが、ちょこぐら初心者が最もちょこぐらを殺してしまう原因の1つと思いここに挙げました。水合わせには細心の注意を払って下さい。水合わせ中に横倒しになってしまうひどいものから、外見的にはまったくわからないレベルまであります。一旦おこしてしまうと助かりません。治療方法もありません。だいたい1〜2週間かけて、ぽつぽつ死んでいくので原因不明の病気と思われやすいです。急激なPHの変化により鰓に炎症をおこし呼吸不全になる、また代謝不全になるため死に至ると言われています。PH変化は一日当たり0.5未満が望ましいです。例えば、shopの水がPH5.0で、水槽の水がPH7.0だと水合わせに4日間はかかります。PHが2.0違うということは水素イオン濃度が100倍違うのですから当然ともいえます。もちろん飼育するにはPH6未満の水のほうが良いです。PHを合わせた後、点滴法で水槽導入して下さい。導入時が一番危険な時期です。このぐらいは最低してあげて下さい。生存率がぜんぜん違ってきます。あとはちょこぐら飼うなら電子式PHメーター買いましょう。ちょっと値段が高いけど。

白点病

白点病

 イクチオフチリス.ムルチフィリスという絨毛虫類の一種が体表や鰓に寄生しておこります。魚体表に寄生した白点虫の成体は約1週間後に魚体から離れ底に沈んだ後、約3000匹の幼生を生んだ後に死に、その幼生達が新たに魚体表に寄生するという生活史を送ります。症状としては、体表に0.5mmほどの白い点々がつきます。体を水槽ガラスや流木に擦り付けるような仕種も見られます。水温変化が大きいと発症しやすいといわれています。実際、水槽導入後まもなくに多くみられます。これは早期発見早期治療すれば救えます。早期というのは白点が5個ぐらいまでのときです。全身に白点が拡がれば、治療しても救えません。
 治療としては、まず水温を30℃まで上げます。白点虫は30℃では正常な発育ができないと言われているためと、白点虫の成熟を速め早く魚体から離れさせるためです。幸いちょこぐらは高水温には比較的強いです。
 また塩を0.1%加えることは魚の浸透圧調節の負担を軽くできるという意味で有効です。普通のチョコグラの場合、塩分濃度が高すぎるとそれだけで負担になるようなので低い塩濃度としています。セラタネンシスの場合はもう少し濃くしても大丈夫なようです。
 薬を使うなら、メチレンブルーやマラカイトグリーンなど色素性毒を用います。高水温も色素性毒も白点虫の幼生のみに効果が有り、成体には効果はないので、治療は1週間以上続けないと意味が無いです。途中で止めると再発しますので注意してください。

ベルベット病(こしょう病)

 ウーディニウムという鞭毛虫類の一種が体表や鰓に寄生しておこります。この寄生虫は白点病と似た生活史を送ります。体表に0.1mmほどの黄褐色の点々がつきます。ちょうどきな粉をかぶったようになります。これも早期発見早期治療すれば救えます。白点病と同じ治療で効果があります。ただ、白点病よりやや治り難いところがあります。

エロモナス症

穴あき病

赤斑病

ポップアイ

松かさ病

 細菌(グラム陰性桿菌)の感染によっておこります。エロモナス菌は数種類あり、それぞれ、赤班病、松かさ病、ポップアイ、穴あき病等をおこします。松かさ病を除いて、この菌は体表感染から全身感染(敗血症)へ移行しやすく、一旦感染をおこすと致死率は非常に高いです。しかし、エロモナス菌はPH6.0以下では活性が低くなる細菌です。つまりこれがでるということはちょこぐらに適した水質でないということです。ピート水で飼いましょう。ちょこぐらはPH4〜6の水質で生息しており、この細菌に自然下では感染することはまずありえないためか、この菌に対する免疫力が非常に低い気がします。またエロモナス菌は普段から水中には生息している菌(常在菌)で、魚の免疫力が落ちたり傷ができたりしなければまず感染しない菌だということも覚えておいてください。治療には抗生物質を用いますが感受性の有無、有効最低濃度が重要となります。感受性がなければ効きませんし、有効濃度以下を投与すれば薬剤耐性細菌を造り出すことになります。また抗生物質は濾過細菌であるニトロソモナスやニトロバクターを殺してしまいます。抗生物質は使い方が難しいということを覚えておきましょう。

カラムナリス症

鰭ぐされ病に綿かぶり病を併発

 細菌(グラム陰性桿菌)の感染によっておこります。鰭ぐされ病をおこす細菌です。カラムナリス菌もPH6.0以下では生きて行けない細菌です。エロモナスに比較して急速に症状がすすみます。鰓に感染した場合、原因不明死と思われるでしょう。治療には抗生物質を用います。

綿かぶり病

 サプロレグニアなどの真菌類つまりカビが原因です。これも普段から水中には生息しており、健常な部分には生えません。擦れでできた傷や炎症を起こした鰓にカビが生えます。ただ、鰓に生えると外見上わからないので原因不明死と思われるでしょう。生えてしまったら、塩とメチレンブルーです。

2001/9/7の日記の抜粋

 死因と発病時期

エロモナス症 ×10匹

   赤斑病    ×2匹 導入後約2ヶ月以後に発病

   まつかさ病  ×3匹 導入後3週間以後に発病

   ポップアイ  ×2匹 導入後約2ヶ月以後に発病

   穴あき病   ×3匹 導入後3週間以後に発病

白点病       ×2匹 導入後約1〜2週間で発病

カラムナリス    ×1匹 導入後約2ヶ月で発病

PHショック     ×3匹 導入後約1週間以内に死亡

不明        ×12匹  計28匹

 我が家の場合からすると、導入後約1〜2週間で発病しやすいのは白点病、それ以後にエロモナスといったところでしょうか。不明が12匹いますが、印象的にはエロモナスの確率が高いと思います。死ぬ前は、翻るように変な泳ぎ方をするのはエロモナスに共通するかもしれません。

 ちょこぐらの場合、一旦病気にかかったものを治療するのはほぼ無理だと私は思っています。可能なのは白点病ぐらいでしょうか。考えられる治療のほとんどはやってみました。薬や塩などは逆にちょこぐらの死期を速めるだけでした(隔離投与後約1日で死亡)。結局は死んでしまいますが、清浄な水に換えるだけのほうが病気のちょこぐらは長生きしました(隔離後約2〜3日で死亡)。つまり薬や塩に対する耐性がちょこぐらには無いと思われ、積極的な治療ができないのです。それから、違う導入のちょこぐらどうしの混泳はほんとによくありません。混ぜた後は必ずみんな死んでます。絶対にやめましょう。

homeにもどる