昼食はホテルで適当に済ませ、午後は家族でマングローブツアーに出かけた。Sungei Sebung(セボン川)の河口から小型ボートで川を遡る。

 ボートの乗り場の桟橋の下にはニードルガーがたくさん群れていました。40cmほどあります。ニードルガーは日本では淡水魚として売られていますが汽水域で主に見られるみたいです。マレーシアでもそうでした。

 こんな感じで遡っていく。

 樹上の蛇。

 何か説明しても判らないかとは思いますが。マッドロブスターが掘った土を積み上げてつくった泥山だそうな。

 トカゲです。のんびりマングローブの枝に寝そべってました。

 これも判りにくい。マングローブの森の水は白く濁っているのですが、上流には一部、黒い透明な水が沸き出すところがあり、そんなところにはクリプトが生えています。

 なにか判ります? うつぼかずらの中のアリです。

 泥の壁に穴を掘って住んでいるカニ。結構いろいろな生物が見れてなかなかよかったです。夜にくればホタルが見れるんだとか。

 そしてツアーの帰り、運転手にお願いして、Pasar Oleh Olehという土産物街に下ろしてもらいそこでいろいろ物色&夕食とした。下はCafe helo helo restaurantでの食事です。

 Bintang Beerとナシゴレン。Bintang Beerは水っぽい味で断然Tiger Beerのほうがうまいです。ナシゴレンはさすがにうまい! パラパラの長形米でないとこの食感は出ない。

 鳥のサテ(串焼き)。鳥は脂身が少なくて歯ごたえがあって違う肉のようです。

 Fish Ball soup(魚肉だんごスープ)。いわゆる蒲鉾スープです。あんまり魚の出汁が効いて無かった。

 海老のサテ。何かに漬けてから焼いてあるのだが、これが海老の味の邪魔をせず、旨味を引き出して非常にうまい。

 本日の最後の被写体。土産物屋のトイレの前に紛れ込んでいた、ヒキガエルsp.。肩のあたりの毒腺が発達してますね。

 夕食後はホテルへ。もう残りの日が少ない。ちょっと焦ってきた。

前へ 次の日へ