2007/2/11、どうにか第2回目のチョコグラ採集旅行に行けることとなった。かといえ今回は嫁と子供2人が一緒である。はたしてこんなので採れるんだろうか? かなり状況は厳しいらしいし…。まあ、あとは行ってみてからなんだけども。今回の目的地はインドネシア領、ビンタン島である。シンガポールの南に浮かぶ島で、インドネシア領ではあるがシンガポールがリゾート目的で開発した所である。まずは一路、SQ617便にて関西空港からシンガポールに向けて出発したのであった。約6時間でシンガポールのチャンギ空港着、そこからバスで港に向かい、フェリーでビンタン島まで約1時間の移動となる。こう書けば早いが、子連れの移動は大変です。愚図る、泣き喚く、暴れる暴君どもを、なだめすかし、叱り、殴りwしつつだと疲労困憊です。

 ようやくNIRWANA RESORT HOTELに到着したのは22時過ぎ。関西空港を出たのが11時で、時差が2時間だから、合計13時間の移動であった。ホテルの部屋で最初に出迎えてくれたのは、ありんこ達です。大きさの違う働きアリが2種と兵アリからなる集団で海外に来ていることを実感させてくれました。パッと見、頭と腹部が逆に見えるのが面白いです。一番大きく写っているアリは別種で餌になっていました。それでは、おやすみなさい。

 2007/2/12、ホテルの朝食をかき込んだ後、家族はホテルのプールで遊ばせておいて、徒歩でホテル周囲の探索に出かけることとした。

 海岸沿いに遊歩道を進むと早速よさげな小さな川に遭遇。水も澄んだピート水だ。これはいいかも。体中に虫よけを塗りたくり、カメラをバックから取り出しいざ突入だ。

 赤とんぼに最初に遭遇。取りあえず撮影。

 次にハッチョウトンボに似たのに遭遇。でも全長3cmほどしかない。

 お次はトカゲ。が、魚がいないのだ。道を逸れてどんどん川沿いに遡るのだがまったく居ない。遡り続けるとどんどん川が狭くなり、やがて無くなってしまった。推測するに、この川は廃水のために人工的に掘った川であったようだ…。気を取り直して次に向かった。

 海岸から外れていく道に進む。乾いた赤土だが、水の流れた後がある。むき出しになった赤土は雨で流され、川や海を赤く濁らせるのだ。

 その道で蛇の目蝶に遭遇。ただなんとなく昆虫の数が少なく感じる。ホテル敷地内というのもあるのだろうが…。

 次に見つけたのは噴水のある池の水源となっている浅い池である。しかし魚が見られない。トンボは多数見られるのだが…。

 赤紫色のトンボ。毒々しい色である。

 で、噴水のある池では魚が見られたが種類は不明。頭が大きな魚で餌クレ餌クレーって寄ってくる。テラピア系かなぁ。遊歩道はここまでで、ホテルに踵をかえした。

 カマキリ幼虫。幼虫のくせにハラビロカマキリ成虫サイズぐらいある。どんな成虫になるんだろう。

 途中の休憩所の屋根の下にいたやもり。かわいいです。

 ホテル到着。ホテルの玄関の池にて。鯉と金魚と亀。亀は妙に体高があり耳に黄色い線がある。

 よく見ると、その池にはデルモゲニーの姿が! 素直にうれしい。ただなんか肥満体型なんだよね。

続き