アクロストマの解剖

残念ながら2002/12/6に亡くなったアクロストマのオスを解剖してみました。

 まず、外表面は背鰭付近の鱗が広範囲に剥離していました。死因としてはエロモナス症のうちの穴空き病と考えられました。

 鰓と腹部臓器を露出させたところです。腹腔内は死んでから24時間以上経過していたため、肝臓、腸管は腐敗融解し始めており、悪臭が著明でした。

 消化管、生殖巣を取り出したところです。腸管はすでにトロトロで「酒盗」(カツオの内臓の塩辛)状態でした。肛門に繋がっている白い精巣は、何度も解剖してる目で観てどうにか確認することができました。非常に小さくて成熟してるとはいえませんでした。メスを誘う行動もしていなかったことですし、性成熟はしていなかったといえました。ちなみに体長3.6cm、全長4.7cm、消化管長3.4cmでした。成長すると6cmを超えるらしいので、まだ若魚なのでしょうか? 消化管の長さは普通のちょこぐらと比較するとやや長いようです。

Topにもどる